身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2015年 06月 13日 ( 1 )

またまた妄想

 十日ほど前の瞑想中に、私の意識は宇宙に在りました。そういう感覚は久しぶりで、遠くを見ると無数の何かが、僅かに光る淡い七色の尾を引いて飛び交っています。
それらの方向性は一定しておらず、バラバラの方向へ自由に飛行しています。その光の間から何か巨大な霧か霞のような白いモヤが私の方へと向かって来ます。

瞬間、何か嫌な予感がして、私は以前に手力男命から貰った刀を抜き、翼を目一杯に広げて戦闘態勢でそちらへ向かいました。
距離が縮まると、それは巨大な龍の様に見えました。中心部は龍に見えますが、周囲は不鮮明で、雲か霞のような白いモヤのベールを纏っていました。その巨大さといったら、それに比べたら私は、まるで巨像の前の蟻の様にちっぽけです。

更に観察すると、その後ろから同様の巨大な龍の群れが途切れなく続いています。彼らが向かっているのは『地球』、何となくそう感じました。
「止めなければ・・・(;゚Д゚)」焦る私。
しかし龍たちには殺気は無く、私などに一瞥もくれる事なく過ぎて行きます。
と、ただこれだけのビジョンでしたが、何か意味があるのか無いのか、全く不明です。
それにしても、人間の想像力って面白いですね。
バカな妄想ビジョンのお話しでした。
a0160407_105151100.jpg

妄想じゃあ~、馬鹿者め!!
a0160407_10523248.jpg

そうだ、そうだ~(笑)
a0160407_10531472.jpg

えっ、そうなの!!
[PR]
by levin-ae-111 | 2015-06-13 10:53 | Comments(0)