身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2015年 06月 28日 ( 1 )

雲の上から

 友人曰く、雲の上から下を見たら、全てが下らなく見える。しかし、これは一般の人には危険だから、もうブログには書かないと。
どういう事かと説明すれば、客観視したら地上での自分や他人の行動の全てが無意味に見える。すると生きている事の意味が分からなくなり、全てがどうでも良くなるという事らしい。それはとても危険な事で、それが自らの命を断とうとした理由だと。

 私の場合は客観視というより、実際に外側から自分の姿を目撃するという、ある意味で衝撃的な経験がある。覚醒状態で目撃した自分の姿(仕事中)は、しかし特別な感情は一切湧かなかった。不安も驚きも無く、私の意識はただ空中に在って、素晴らしい静寂に浸っていた。
その経験から、私自身は友人の謂わんとする事が何となく分かる気がする。
だからといって、自ら命を断つことは絶対にするべきではない。そういう心境になると、一種の悟りの様な境地に達した気になるが、それは錯覚に過ぎない。

雲は確かに高空に在るが、その上には成層圏が在り、バンアレン帯が在り、宇宙が在る。
上には上があり、私たちの如く凡夫が簡単に悟ることなど有り得ない。
そういう気持ちは増上慢であり、それは私たちが精神的に向上する過程で陥る罠の一つともいえるだろう。くれぐれも用心したいものである。
a0160407_2119410.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2015-06-28 21:19 | Comments(0)