身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

浮気がばれた(><;

 我が家には現在3匹の猫が家族として同居している。猫を飼い始めて久しいのだが、猫はかなり利口で賢い生き物である。そして獲物に対しては残酷なハンターである反面、優しい側面も持っている。
気ままで身勝手なイメージの強い猫たちだが、これも実は人間側の勝手なイメージに過ぎないのかも知れない。猫を観察していると、時として面白い場面に遭遇する。

 これはもう随分前に居た猫の話だが、彼は白黒のブチで近所の猫たちをまとめるドンだった。ある時など十数匹を引き連れて、夜の道を闊歩したりしていた。
その彼には彼女が居た。同じブチ模様の猫で、彼よりも一回り小柄な女の子だった。
彼の名は「ニニ」といい、「ニニ」と呼ぶと必ず「ニャツ」と返事をする。何度も続けて呼ばれると口だけ開けて声を出さずに返事をする。それがニッとニヒルに笑っている様に見えた。それでニニと名付けた。
ニニは近所ではドンだが、彼女のことはとても大切にしていて、彼女の前では優しい彼氏を演じていた。

 餌を食べるのも何時も彼女が先で、ニニは傍でそれを眺めていた。彼女もことある毎にニニに身体を摺り寄せ、二匹はラブラブだった。ところがある日・・・・。
ニニは他の雌猫と一緒に食事をしていた。そこへ彼女が現れて、たちまち女同士が火花を散らし毛を逆立てての睨み合いになった。
「ギャオーッ!」「フニャーッ!!」とその場は修羅場と化した。
その時、彼はどうしたのか。
私は雌猫の争いよりも彼の表情を観察した。

その顔からは困ったという表情がありありと観て取れた。常にはどっしりと構え、堂々としているニニが争う雌猫の横で視線を泳がせてオロオロしている。
浮気がバレタ時の男って、猫も人も似た様な反応だと思った。それから女性の反応も。
「この泥棒ネコ!!」「何よ、お婆のくせに!!」とか、雌猫たちは言い争っていたに違いない。
その後はどうなったのか知らないが、ニニと彼女は相変わらず仲が良かった。ニニ君が陰で必死に謝ったのか、彼女は相変わらずニニにベッタリだった。

月日は流れてニニが天に召されて居なくなると、周囲の雌猫たちに一目置かれていた彼女の権勢も急激に勢いを失った。それまで彼女に逆らわなかった他の雌たちが、平気で彼女に歯向かう場面が多くなった。これもまた人間の世界に似ていると思った。
栄枯盛衰は世の習いと言うが、猫の世界も同様のようである。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-28 22:19 | Comments(0)

あれっ!!

昨夜のことです。新しいパソコンで、USBに入れた旧バージョンの仕事の資料を見ようとしました。もちろんファイルは開けましたし、閲覧もできました。
それでプリントアウトをしようとして、不慣れな為に何か変な操作をしてしまった様です。
印刷範囲の指定をしてから、印刷画面を探しましたが見つけられません。
その時に探し回っていて変な操作をしたのでしょう。結局、一旦はあきらめて古いパソコンで印刷することにしました。

USBを古いパソコンに差し直し、ファイルを開こうとしましたが開けません。あれっ!!と思い他のファイルを開こうとしましたが、これもアウト。
自分のデーターは良いのですが、仕事のデーターが開けないのでは困ってしまいます。新しいパソコンに再びUSBを繋ぎ、旧バージョンで保存し直しました。
そして再度古パソコンでファイルを開こうとしましたが、今度は『エラー』表示だけでなく『Officeが存在しないか破壊されています』と出てきました。

早速バックアップで何とかしようと試みましたが、無駄でした。結局はOfficeを再インストールすることで問題は解決しましたが、それにしても釈然としません。
新しいバージョンで保存された(この場合は意図的にではない)データーが旧バージョンで開示できないのは分かりますが、勝手に旧バージョンを破壊とか消去してしまうとは・・・。
同業他社の製品ならばともかく、同じ会社の同一のシリーズなのに不親切なこと極まりない感があります。
おそらくはフィルターソフトと関連があるのでしょうが、オンラインヘルプも余り役にたたず一瞬ですが肝を冷やしました。
もっとも会社で私が使っているOSは、何と『me』で余りにも古いのですが(笑)
無知というのは本当に困ったものです。もっと勉強しないと折角の新しいパソコンも宝の持ち腐れです。

a0160407_1243287.jpg

富山湾から望んだ立山連峰
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-23 12:41 | Comments(0)
 ロケットを飛ばす理由には幾つかあるが、サターンロケットはアポロ宇宙船を運んだ。ソユーズも同様に有人宇宙飛行が目的であり、次には人口衛星の地球軌道への投入という目的があった。その他には宇宙空間の軍事利用目的や宇宙探査など数え上げたら切がない。 
さて日本の新世代ロケットはJAXA以外でも研究が進められている。近年では電子技術の発展により機能を絞れば従来のように大きな衛星を打ち上げる必要も無くなりつつある。
俗にキューブ衛星と呼ばれる一辺が10センチほどのミニ衛星が開発され、それらの打ち上げは大きな衛星を積んだ後の空きスペースが利用されていた。
そうなるとキューブはついでなので、自由に打ち上げられないし最適な軌道に投入することも困難だった。

 そこで小型ロケットの登場となる訳だが、このロケットの燃料がとてもユニークだ。燃料は液体酸素とポリエチレンの塊である。ポリエチレンはスーパーで使われているビニール袋の材料だが、それに酸素を噴射して燃焼させる。
ビニールはキロ100円程度とても安価で、更に危険物でもなく取扱いも楽だ。だが一気に燃えないという性質もあり、そこは技術と工夫で解決した。研究中のロケットの名はカムイ。
液体と固体を燃料に使うので、このタイプのロケットはハイブリッドと呼ばれている。
当然エンジン構造も液体ロケットよりも簡単で済み、コストは比較に成らない位に安い。加えて、制作は町工場ででも可能となれば更にお手軽なロケットと言える。

 この小さなロケットに先述のキューブ衛星を積み、好きな時に好きな軌道に打ち上げるのである。キューブ衛星はピンポイントの天気予報などに利用できるので、とても便利な衛星として重宝されているらしい。
そういえば、数年前に大阪の町工場が集まって制作した衛星があったが、これからは地方の工業高校や高専などが制作した衛星を打ち上げるというケースも増えるかも知れない。
この小さなロケットとキューブ衛星は、巨大ロケットでは埋めきれない隙間を縫って今後はもっと重宝されるに違いない。

 JAXAが研究を進めているAIとハイブリッドロケットが結び付けば、個人的に衛星を打ち上げるというビジネスも可能になるだろう。正にパソコン1台で管制を行い、スイッチ一つでロケットを発射する時代の到来が近いのである。
ただ私としては宇宙空間にデブリが増えるのは困りものだと思うが、もしかしたらデブリ回収業者などという事業者も出てくるかも知れない。
鉄腕アトムやサンダーバードの世界はまだまだ夢かも知れない。しかし、スタートレックに出てきたブローチ型の通信機などは現在でも制作可能かも知れない。
テレビ電話や携帯など最初はSFの世界の産物であったが、現代の技術はそれを可能にした。スピの世界で言われる様に「人間の想像=創造」であるという想いを新たにした。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-16 05:53 | Comments(0)
私達がロケットと聞いてまず想い浮かべるのは、アメリカやロシアで打ち上げられていたサターン、ソユーズなどの数千トンもの重量がある巨大なものだろう。それに比べて日本の打ち上げるロケットは、まるで鉛筆の様に小さくて少しショボイ印象を拭えないと感じている人も多いことだろう。
それでも、現在JAXAが打ち上げているH-2Aロケットは290トンもの重量があり、全長が53メートルと思った以上に大きい。だがアメリカのアポロなどの巨大さに比べればとてもコンパクトだ。スペースシャトルを打ち上げていたロケットは4000トンというから、軍艦でいえば軽巡洋艦一隻の重さに当たる。
ロケットの重量の殆どは燃料であるが、液体酸素と液体水素を混合して燃焼させ、噴出することで推力を得ている。燃料が液体なのでこれらの推進方式を採用しているロケットを液体ロケットと呼ぶ。

サターンもソユーズもH-2Aも無論、この液体ロケットである。この方式のロケットは燃料が危険物であることから、とても扱いが難しいという点である。エンジンもとても複雑で配管が迷路のように張り巡らしてある。しかも、とてもデリケートでこの配管の一か所にでも亀裂やピンホールなどが有ると打ち上げ時に爆発などという事態になってしまう。
日本でも打ち上げに失敗しているし、過去最も悲惨で印象的な事故はスペースシャトルの爆発である。この原因は気温が低かった為に、配管部分のゴムパッキンが縮んだ事が事故につながったと考えられている。

それほどに難しいロケット発射には多くの人手と経費が費やされている。ロケットは巨大なのでブロック毎に現地へ運ばれ、そこで組立を行う。組立が完了したら気の遠くなる様な数々の点検が行われ、更に気象条件などが加味されて打ち上げとなる。しかも入念に点検しても実際に打ち上げてみるまでは分からない。結局の処ぶっつけ本番がロケットの打ち上げというものらしい。故にロケットの打ち上げには細心の注意が払われるが、無事に点火して空に昇り、衛星軌道に到達した時の管制官らの喜び様は決して大げさではないのだ。
日本でも100名もの人々が管制に従事しているが、現在研究が進められている次世代ロケット・イプシロンは何とパソコン1~2台程度で済むというのだ。
その理由はAI(人口知能)に組立後のチェックをさせるからだという。更に凄いのはこれが実現すれば、毎週でも打ち上げが可能になるということだ。

番組にゲスト出演JAXAの技術者は、子供の頃に観た「サンダーバード」は週一でロケット(サンダーバード2号や1号、3号はロケットだった)が飛んでいた。しかもボタンひとつで点火して・・・と、子供時代の夢が今まさに実現間近なのだと嬉しそうに語っていた。
そして打ち上げの頻度が増し、回転が速くなると技術の継承や経験の蓄積が加速するという別のメリットも発生する。
それにしても、最先端技術を駆使する研究者やエンジニアの原点が、子供時代に夢中になって観たアニメや漫画だという事実はといも面白い。
ロケット開発に限らずロボット開発でも、アトムにあこがれて・・と語る研究者は多い。
子供時代に強い憧れを抱き、それを持ち続けた人々が成人して技術開発の最先端の場所で活躍しているのである。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-15 17:23 | Comments(0)

 本日は会社で製品開発に関する会議があり、私も参加を命じられました。しかし本来はN県の工場で午前10時から開催の予定でした。
本社の部長から指示でしたが、水曜日あたりから話が二転三転していました。
というのも、アドバイザーとして参加を予定していた顧問が「○○が出るなら俺は出ない」と仰せになったからです。

お蔭で昨日は上司が一人で早朝から車を飛ばしてN県の工場で、その方と打合せをして今日は午後からもう一人のお偉いさん(○○氏)を交えて私の勤務するT県の工場での会議となったのでした。
私が午前中は仕事の都合が悪く午後からの開始予定となったのですが、折悪しく私の担当する製品の出荷が今日一日でひと月分くらいの注文が集中して、結局のところ会議に遅刻してしまいました。

私以外の人はその製品の検査ができず、連絡を入れて遅刻する旨を上司に告げました。それでも工場長からは「何で遅れる!」と言われ、上司が様子を見に来ました。
遅れる事情を告げていたのに、それは無いと思いつつ人の話を聞かない工場長に呆れましたが、30分くらいで済むと告げると上司は会議へ戻って行きました。
常は一日多くても100個も出ない製品が、何と1000個近くも出るのですから驚きです。しかもこのタイミングで、です。

注文書は昼休みに業務から来ますから、私は昼休みを返上して製品の点検と検査に当てました。バリエーションが数十種類もあるので、常に100個程度は全種類点検済みの製品を用意しています。しかし今日は僅か3種類に集中して各々に300から400個の注文でした。
何とか30分以内の遅れで会議に参加しましたが、途中で更に数百の追加が入り会議を中座しました。
しかし会議は何時もの通りにグダグダで、「5W1Hで行きましょう」とメールに書いていた本社の部長もいい加減なものです。
まあ、社長に言われた手前で開催された会議ですし、こんなものでしょう。

 それにしてもロト6、惜しかったです。火曜抽選の分は1000円の当たりでしたが、その数字で木曜抽選の分を買っていれば12000円だったのです。今朝、何気なく新聞を見て愕然としました(笑)
明日は健康診断で、朝から水も飲めません。この暑い最中、少し辛いです。喉がかわかなければ良いけど・・・・。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-14 23:05 | Comments(0)

 今回は珍しくUFOの話題を取り上げていていた。内容はロズウェル事件や数々のUFO目撃事件を追跡している。しかし、そこはやはり○HKさんで、多くの目撃事例に対して尤もらしい種明かしをして見せます。
ロズウェル事件の解説では、やはり米政府の発表の受け売りで、観測用気球に付いていたレーダー反射板といい、ETの死体の解剖フィルムは脱出テスト用のダミー人形だという。
余りに適当な結論に、やっぱりね・・・と、ある意味で納得。

しかし20パーセントの目撃例は、合理的な解明が難しいという事もいっていました。ですが、プラズマ説などの説明も忘れません。
60年前にはある学者の提案により「宇宙に知的生命体は存在するのか?60年前にはある学者の提案により「宇宙に知的生命体は存在するのか?知的生命体は地球を訪れているのか?」という質問も学者達に投げ掛けた。
学者達の返答は①知的生命体は存在し、地球を訪れている。②知的生命体は存在するが、地球には来ていない。③地球以外に知的生命体は存在しない。
概ねこの三つの意見に分かれたのだという。

 ゲストの佐藤勝彦氏は亜光速飛行やワームホールのことも、相対性理論を持って説明しているが、飽くまでも理論上のことであり実際には分からないというのが答えだった。
UFOは宇宙について生命むについて考える良い機会を私達に与えてくれる、番組の結論はそういうことだった。
無難にまとめたな○HKという感じだが、ある意味では正直だと思った。UFO目撃事件の多くは勘違いと見間違えであろうが、確たる証拠が存在しない限り結論は出せないのも当然である。

 さて、そういう私も何度がUFOを目撃した経験がある。中でも最大のものはジャンボジェットを目前で見た程の巨大さだった。というより少し遠くから見つけた時は、確かに銀色のつるつるした質感をした、碁石の様な紡錘形の物体が空中に音もなく浮かんでいた。
しかし近づくと、それはジャンボジェットに変わっていた。だが、高度十メートル位の空を山に向かって飛ぶとは考えられない。通常の飛行ルートから外れ過ぎていたし、何より無音だったことから、あれはUFOだったと信じている。また夜空を見上げると、何時もと違う星がまたたいていたりする。

 UFOが知的宇宙生命体の乗り物だとすれば、彼らは私達を観察しているのだろうか。我々人類が熱帯のジャングルで、ポノボやオランウータン、チンパンジーやゴリラを観察するようなものかも知れない。
アブダクション事件などは、私達の学者がその一匹を捕まえて発信機を取り付けたりする行為に似ていなくもない。もしかしたら捕獲して飼育展示などしている可能性もある。
或は密猟者であるかもしれないし、密漁を取り締まる保護官であるかも知れない。

 また私達を未発達ながら人類と認め、発達の援助を試みている宇宙人も存在するのだろう。そういう姿勢の宇宙人たちは、決して強引に事を推し進めたりはしない。
私達の発達と進化を促進するのが目的であるから、すべての判断を私達自身に委ねている。
私達がより良い判断を行えるように導きながらも、私達の判断を最優先し何事も決して強要したりはしない。例えそれが私達自身の滅亡につながる判断だとしても、彼らはその姿勢を決して崩さないだろう。
全ての人類は似た様な狭き関門を通り抜けねばならないのか?進化した宇宙の善良な知的生命体も遠い昔に私達と同じ進化の道程を歩んだに違いないと、私は思う。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-10 21:56 | Comments(0)

木々の花

a0160407_1621172.jpg
a0160407_1615418.jpg
a0160407_16181374.jpg
 天気も良いので近所の山へフラリと出掛けてみました。そこで見慣れない花と、懐かしい桑の実に出会いました。何の木か分からない樹木は、白い繊細な清らかさを感じる花をつけていますし、桑の実は山里を自在に駆け回った子供の時以来です。
子供時代には夢中で頬張ったものでしたが、その頃の桑とは比べものに成らない貧弱なもので。しかし、懐かしくて撮影しました。
桑の実は黒いのが食べごろで、赤いのはまだ熟しておらず、食べても美味しくありません。
とてもジューシーで、手や口元が果汁で紫色に染まったことが懐かしく思い出されました。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-09 16:22 | Comments(0)
a0160407_1515753.jpg
 初期の秋月型は航空母艦を中心とした機動部隊同士の対決になった場合を想定して、脆弱な航空母艦を守るための護衛艦として開発された。
故に元々は駆逐艦とは呼ばずに「直衛艦」という新艦種にすることも考えられたが、魚雷に固執するあまり、この秋月型にも魚雷を搭載した。結局のところ、高角砲を備えた大型の駆逐艦に成ってしまった。尤も機動部隊と行動を共にするには、多くの燃料を積む必要もあったし、外洋航海のためには優れた渡洋能力が求められたので、艦体の大型化は致し方ないかも知れない。

兵装は航空母艦を護衛するという目的のために、新開発のセンチ高角砲が採用されている。この長センチ高角砲は従来の12センチや12.7センチ砲よりも初速が速く、砲弾の装填も半自動で行え、旋回速度や俯角・仰角を変える速度も従来の砲よりも速い優れものであった。さらに4基の連装砲塔を前後2基ずつに振り分け、2基の高角測距犠により別々の目標を狙うことも可能だった。

 シリーズ8隻目の冬月以降では測距犠を1基に減らされたために、これ以降に就役した艦を別型として扱う場合もある様だ。
ここでは冬月も同シリーズとして扱うとすれば、総数で秋月以下12隻が建造されている。
これ等の艦は昭和17年竣工の『秋月』を皮切りに昭和20年まで順次竣工した。機動部隊と行動を共にし、襲来する敵機に対して新開発の高角砲で奮戦したこの型の各艦は、半数が戦没し、残った6隻の内4隻は戦勝国へ引き渡され、2隻は解体処分となっている。

【秋月型】
排水量:3470トン/水線長:132メートル/水線幅:11.6メートル 
機関出力:52000馬力/速力:33ノット
兵装 10センチ連装砲×4/ 25ミリ連装機銃×2 / 61センチ四連装発射管×1

【同型艦】
秋月・照月・涼月(すずづき)・初月・新月・若月・霜月・冬月・春月・宵月(よいづき)
夏月・花月
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-08 15:16 | Comments(0)

台風一過

 昨日今日と大口の取引先から、我が社へお客様が視察にみえた。視察の目的は貸与している機械設備などの状態のチェックと入れ替えなどの打合せである。しかし目的はそれだけでなく、数件続いて発生してしまったクレーム対策の確認と再発防止の指導である。
私たちは数週間前から準備を始め、今週に入ってからは掃除や整理整頓、関係者の打合せなどと慌ただしい日々が続いた。

 そして遂に当日を迎えた訳だが、お客様は4名で何れも実務者である。皆さん表情もにこやかだが、鋭い質問や指摘が次々と飛んでくる。
私たちは周囲を巻き込みながら、その指摘や質問を掻い潜り相手の方に納得していただきながらどうにか視察の二日間を終えた。
しかし本当に大変になのはこれから、視察に来た人々から指摘事項を記したレポートが届く筈である。

無論、それに対して答えねば成らない。言葉だけでなく、実際にそれを実行しなければ成らないし、その証拠を提出する必要がある。
まるで台風のように社内を慌ただしくさせたが、それが終わり一瞬だけ清々しい青空が見えた気がした。
しかし、青空が見えたのも一瞬で、今度は社内からの黒雲が私たちの頭上に垂れ込め始めた。
くだらない会議の招集令状が突如届いたのだ。時間も与えず、技術者でもない私たちに製品開発が進んでいないので、会議を開くというもの。
当然のこと手ぶらでは参加できず、幾つかの課題の手掛かりだけでも用意して行かねば成らない。相変わらず苦しい日々が続きます。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-07 22:22 | Comments(0)

歯がゆい一日でした

 日頃から余りに遅く、その上にエラーも多い愛用のパソコンに業を煮やして、遂にお金も無いのに新しいPCを購入しました。
考えてみれば以前のPCはもう5年も使っています。それもほぼ毎日、一時間以上も使っていたのですから、ガタが来てもおかしくはありません。

新しく購入したものはデスクトップで、画面も大きいものです。しかしOSが違うので、電源を入れられてもシャットダウンするアイコンが出ていないとか、画面を終わらせるボタンが無いとか、慣れるまでは相当に使い辛そうです。
しかし、Vistaとは比べものに成らない立ち上がりの速さ、終了は更に早くネットもサクサクで有難いです。

 何とVistaの時は立ち上げに3~5分、終了に3分程度もかかり朝などの慌ただしい時間帯にPCを使用するのは困難でした。でもこれからは朝も行けそうです。
ですが私がイライラしていた原因は、度々のトラブルでその度に自分のブログにログイン出来なくなったり、ログイン出来ても新規投稿が出来なくなったりすることでした。
その都度に四苦八苦して復活4したり、開設し直したりして来ました。今朝も突然に同じ現象があるブログで発生し、私は堪忍袋の緒を切らしてしまったのです。

と、いう事で貧乏な私が思い切ってPCを購入となった訳です。無趣味の私にとって、ネットを通じての多くの皆様との触れ合いはとても貴重な時間なのです。
ただmixiだけがどういう訳かパスワードを受け付けず、新しいPCでは入れません。仕方が無いので当面は旧PCで対応したいと思います。
それにしてもウインドウのデザインは同じで、反応速度だけを上げてくれれば良いのに、8は異質すぎて慣れるのが大変そうです。
[PR]
by levin-ae-111 | 2013-06-02 22:15 | Comments(0)