身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真榊を探しに

 近所の山へ入ったのですが、どうにもよく似た樹木が多くて、どれが真榊なのかトンと分からない。ヒサカキならば特徴もバッチリで見分けがつくのだが・・・|д゚)
ヒサカキも真榊?と思われる木も、そこここに沢山自生している。花も咲いていてネットで比べてみるが、イマイチ同じなのかどうか判然としない。
ついでにと思い、何年も観られなかったスイカズラの花も探してみた。数年前に写真を撮った場所へ行き、しばし探索。
「あった!!」3年振りくらいの感激の御対面だった。そしてドウダン躑躅もその傍らで清楚で可愛い花を見せてくれている。
でも私が真榊と思っている木の正体は、皆目分からない。何方かご判断が付ませんか?
a0160407_13154525.jpg

a0160407_13164480.jpg

真榊の花?違う様な気がする。
a0160407_1318773.jpg
a0160407_13183332.jpg

ドウダン躑躅
a0160407_13192870.jpg
a0160407_13201783.jpg

観たかったスイカズラの花
a0160407_1321881.jpg

のり面に大群落。
a0160407_13222858.jpg

これも花?
[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-29 13:23 | Comments(0)

悲しき原爆ドーム

 広島市『産業奨励館』それが原爆ドームの正式な名称だった。今は自らが浴びた原子爆弾の地獄の爆風と熱線に因るすさまじい被害の状況を世界に示し続けている。
戦後70年、今日初めて原爆投下をした国の大統領が広島を訪れた。記念すべき日ではあるが、犠牲となった人々の無念は絶対に晴れない。

アメリカでは未だに多くの人々が原爆投下は必要であったと、考えている。その理由は本土決戦ともなれば原爆以上の犠牲者が出たであろうという、言い訳が公然と信じられているからだ。
広島、長崎と立て続けに悪魔の爆弾を落し、それに罪悪感を持っていないとは・・・。
 だが如何に言い繕っても、日本のあらゆる都市に無差別爆撃を繰り返し、非戦闘員の老人も女性も子供も区別なく殺した罪は決して消えない。

そればかりか、富山市では周辺部から爆撃し、逃げ道を塞いでから中心部へと爆撃を加えた。それ以前にも原爆の模擬弾を数回にわたって投下し、通常弾頭ながら実験を繰り返していたアメリカ。広島、長崎への原爆投下は正に予定の行動だったろう。
アメリカは日本を実験台にして、原子爆弾の試験をしたのだ。その破壊力や後のあらゆる影響を調べる為に。その後に日本を占領し、独立させたと見せ掛けて属国化し、愚にもつかない原子力発電を推進させた。

岸信介や正力松太郎などはアメリカの手先として働き、原子力アレルギーとなっていた日本国民を懐柔し原発を建造した。岸や佐藤をはじめとする当時の日本の首脳がアメリカの傀儡(現在も同じ)だった事は、日本爆撃の指揮を執ったカーチス・ルメイなる人物に勲一等旭日章を叙勲していることからも明らかである。
如何に戦争とはいえ自国民を虐殺した殺人鬼に叙勲とは、馬鹿げた話しだが、これが事実である。

いつしか日本人はアメリカ贔屓となり、原子力の恐ろしさも忘却の彼方へ追いやり、50基以上もの原子炉が建設されている。この現実を突然の閃光と圧倒的な熱線に晒されて命を失った人々はどう感じるだろうか。火傷や放射能症に苦しんでいる人々は、どう思っておいでなのだろう。
a0160407_22302867.jpg

a0160407_2231339.jpg

広島に落された『リトルボーイ』
a0160407_22312035.jpg

長崎に落された『ファットマン』
[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-27 22:32 | Comments(3)

謎の赤い光と音

 最近はありませんが、数年前まで夜中にドーンという大きな音がしていました。夜の事なので、どの位離れているのか分かりません。
空は夕焼けの様に赤く染まり、不気味なことこの上ありません。近所の人たちにも聞こえて
いる筈なのですが、誰も気にする様子はありません。
一体、誰が何をしているのか不明です。山の方向には幾つも工場が有りますが、鉄工所や製鉄所はありません。とても不思議です。
a0160407_20552957.jpg

a0160407_20554941.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-23 20:55 | Comments(0)

ドラマ『お迎えです。』

 このドラマでは『死神』の仕事を手伝うアルバイトが、49日以内にあの世に行かない霊をあの世に送る手伝いをする物語だ。
アルバイトは霊が見えて、話しが出来る霊能力を持っている。ドラマでは霊はこの世の物質に触れず、福祉蒼汰演じるアルバイトは霊を憑依させて直接霊の思いを伝えさせる。

 死人が49日以内にあの世に行かない理由は、思い残す事があるからだ。その思いを成就させてあの世に送るのが死神とアルバイトの仕事という設定になっている。
死神の世界にも対立があり、1課と2課に分かれて争っている。1課はエリート鈴木亮平は2課でいつもピンチに立たされて、会議では誤魔化しばかり。
どの話しもコミカルに描かれてはいるが、ある意味で的を射ている気がする。基本的に一話完結だから、これも良いと思う。

出演者
土屋太鳳・福祉蒼汰・門脇麦・鈴木亮平 他
a0160407_1744413.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-22 17:04 | Comments(0)

暴風と体調不良

 先日の暴風(39メートル)だったが、今朝も風が異常に強い。橋の上などでは車がフラフラする。そんな中、出社した。
どうも先週末あたりから肘や上腕に痛みが出ていて、肩こりも酷かった。温泉に行って温もりマッサージをして昨日は少し痛みが和らいでいたのだが、今朝は起床してから時間が経つごとに痛みが酷くなった。

出社したものの頭がジンジンする程に首と肩の凝りが酷い。一時間ほど仕事をしたが悪化する一方なので早退した。両肩に重石が乗っている様な重さに加え、時々ズンという痛みがある。両腕は一時期ほどではないが、やはり痛い。
整体へ行き、ボリッ、バキッとやって貰いシップを貼って今日は大人しくしている。

途中で踏切の遮断機が強風で壊れ、半分ほど降りた所で動かなくなっていた。前には大型トレーラーがいて、その後ろに停車したけど何時もまでも動かない。
窓から顔を出して見ると警報機が鳴り続け、遮断機は半分ほど降りたままだった。そこへ列車がノロノロと来て、遂にはストップ。
後ろも詰まっており、動けない。と、そこへ真後ろに居た軽四のお爺ちゃんが私を追い越し
て田圃の中の小路へ抜けて行った。

私も後に続いて狭い田圃道(舗装はしてある)を走り、広い道へ出て無事にお医者へ行けた。
でもトレーラーや他の人はどうしたのか?途中で同じ方向の列車が勢いよく、踏切を通過して行ったので解決されたのだと思う。全く迷惑な強風だが、自然には勝てない。
a0160407_15173165.jpg

a0160407_15181269.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-16 15:18 | Comments(0)

温泉に行って来ました

 後輩から突然のお誘いがあり、二人で立山の温泉へ向かいました。リゾートホテルの風呂で、日帰り入浴です。フロントで700円也を支払って早速、風呂へ向かいます。
少し温めの露天風呂でゆっくり、まったり、ガチガチに固まった筋肉もほぐれて行きます。
それにしても、意外に人が多いことに驚きました。風呂場で他の人達の会話を聞いていると、トレッキングか登山をする人たちの様でした。

下界は晴れていましたが、山はガスって100メートル前後の視界しかありません。車に乗って居ても、まるで雲の中を走っている様でした。
気がつけば温泉には1時間以上も浸かっていました。泉質は無色透明の単純泉ですが、肌がスベスベになって潤いのベールで包まれたみたいです。

 さて、その帰り道、後輩は気を使ってくれたのか芦倉雄山神社の中宮へ立ち寄ってくれました。そこは丁度そろそろ行きたいなぁと思っていたお社です。
巨大な立山杉が並ぶ参道は、相変わらず気持ちの良い清々しい空気です。その清々しさを堪能し、大好きな手力男尊と伊弉諾命のお社にお参りして、大満足でした。
a0160407_8502549.jpg

a0160407_8505024.jpg
a0160407_8511014.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-15 08:51 | Comments(0)

久しぶりに・・・

 今夜、瞑想を終えてくつろいでいると、微かに甘い良い香りが漂ってきた。それはこれまで何度か感じたことのある香りだ。
思い出にあるのは祖母が亡くなって暫く経った時のことだ。何方かが訪問してくれたのかも知れない。更に白い煙の様な物が、視界の角を過って行った。

霊的な世界の住人の存在を感じても、それほど不思議なことではない。私は、私たちの住む世界と彼岸の人々が住む世界は隔絶されている訳ではないと思っている。
それは同じ空間に重なって存在しており、何かの拍子に互いの存在を感知したとしても不思議ではない。時には面白いことがあるものだ。
a0160407_21491992.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-08 21:51 | Comments(0)
 昨日、会社の後輩たちと話題に成っているらしい『スープカレー』の店へ。
朝から出発して3時間半くらいかけて到着。既に多くの人々が並んでいる。流石はGWで駐車場には関東方面や中部方面の他府県ナンバーが並んでいた。
後輩が順番待ちの記入をして店の人に尋ねたら、「タブン一時間くらいです」と言われた。

でっ、続々と来るお客さん。私たちのずっと前から待っている人達は、待合スペースに入れず車の中や店の周囲で立っている。私たちも1時間程度ならばと、穂高川や近くや横の『信州サーモン?』の養殖場を観ていた。
 ところが・・・2時間経っても店からの呼び出しは無く、3時間経っても・・・。

大体、店から出て来る人々が少ない。待合室を覗くと待っている人たちの面子も変わらない。
その内に店員さんが看板にclauseの張り紙をした。ラストオーダーは午後2時らしい。
結局12時前に到着し、店に入れたのは3時半頃だった。素早くオーダーをして、待つこと恐らくは20分くらいでした。

味は確かに美味しかったのですが、余りに待たされたので昼食の積りが少し早目の夕食に成ってしまった。しかし諦めて帰ったと思った車が、また返って来て順番を待っている光景には驚いた。皆さん、辛抱強く順番待ちしている。
食に無頓着な私は解らないが、それ程に食べたいカレーなのかと疑問に思った。友人は連日カレーを食べているらしい。カレーを食べに東京まで行く人だから、私などには解らない強い拘りがあるのだろう。
a0160407_973593.jpg

a0160407_974958.jpg
a0160407_98140.jpg
a0160407_982240.jpg
a0160407_99688.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-05 09:09 | Comments(0)

花の季節です(^_-)-☆

田舎ですから、少し出れば様々な花が観られます。
a0160407_15265590.jpg
a0160407_1527825.jpg
a0160407_15272131.jpg
a0160407_15273339.jpg
a0160407_15274350.jpg
a0160407_15275992.jpg
a0160407_15281265.jpg

時にはこんな光景も・・・。カモシカがノンビリと草を食んでいました。
[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-01 15:28 | Comments(0)

本当かなぁ・・・

 最近、興味をそそるブログを見つけた。内容は爬虫類人類が実質的にこの世界を支配しており、彼等にとって私たちは家畜であり奴隷だというのだ。
ブログ主は一度完全に削除されたものの、再び立ち上げて頑張っています。世間の事件や事故、災害などの裏側の真実?を暴いています。
人によってはショックを受けるかも知れない内容ですから、注意してご覧ください。
宇宙への旅立ち
http://reptilianbuster.blogspot.jp/
[PR]
by levin-ae-111 | 2016-05-01 12:18 | Comments(4)