身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久々にチャネリング

a0160407_21123930.jpg
 今日はドタバタだった。否、今日もというべきだろう。
快調に製造していたものの、次工程で寸詰まりになる事が判明した。これ以上作り続けると、次工程でパンクすると判明したからだ。
ギリギリの数量を計算し、その数に達したら製品をサイズダウンして、次工程のキャパに収まる数量に調整してどうにか一件落着した。

一緒に作業している後輩が愚痴り、上司の批判を口にした。日々その傾向が強まるので、私はどうアドバイスしたものかと今夜、久しぶりにチャネリングをしてみた。
思考で問いを発すると、すぐさま何者かが答えてくれた。

1、感情にふりまわされるな。感情は縁によって想起するもので、それは本来の自分でない。
2、ネガティブな感情に拘ると、益々それにエネルギーを与え、ネガティブな現実を産む。
感情を押し殺せとは言わないが、拘り過ぎては駄目だと伝えよ。
3、他人に対する想いや行動は、巡り巡っていつか自分に返って来る。直ぐに返って来ればラッキーだが、実際にその様な場合は少なく忘れた頃に返って来て、自分が不快な思いをする。
4、言葉を発する前に一呼吸おいて、考えよ。
とまあこんな答えが帰って来た。その回答者によれば、私はどうも4を自然に実行しているらしい。自分ではそんな積りはないが、若い頃に比べれば雲泥の差だという。
まあ短気が原因で、何度も痛い目に遭っているから自然にそんな習慣が身に付いたのだろう。明日、後輩にそれと無く教えてやろう。
回答者に感謝m(__)m
[PR]
by levin-ae-111 | 2016-06-21 21:12 | Comments(0)

闘い続けて一週間

 本格的な製品量産が始まってから、約1週間となりました。朝6時半ころに出社して、その日の準備をします。製品の仕様書を各機械に配布し、製造に必要な原料やら機材をセッティングして回ります。

朝礼で注意事項を伝達し、皆さん一斉に製造をスタートします。その殆どは手作業になりますが、普通の能力の作業員ならば手際に各段の差はありません。
従って原料や機材の追加、出来上がった半製品の処理や搬出などの作業がほぼ一斉に必要となります。

私はそれらを統括し、必要な原料や機材をタイミング良く追加し、半製品を搬出し、焼成用の棚に並べることを一人でやっています。勿論、そうなると手が回らず大変に忙しい事になれます。作業者の殆ど全てが派遣社員で、女性です。ですから力仕事は私一人に掛かって来ます。原料や部材は重く、温湿度管理が成された涼しい部屋でも汗ばむほどです。

女性達は黙々と作り、私はそれをアシストし管理もしているのですが、午前中だけでヘトヘトになってしまいます。午後からは私に助っ人が来てくれます。
しかし二人でも大変に忙しく、休憩もままなりません。機械にトラブルが出れば呼ばれますし、原料が少なくなっても呼ばれます。

機材不足は相変わらずで、明日も出社して焼成が終わった製品から外して、月曜に使えるように準備します。多くの社員は出て来ませんが、30代の社員が二人で手伝ってくれます。
この二人は何故か私に好意的で、先月は松本で3時間も待ってカレーを食べた仲間です。

他の社員も相談すれば出来ることは一生懸命にしてくれますから、とても有難いことだと思っています。
自然に「ありがとう」という言葉がでます。私は一体、一日になんど「有難う」と言うことでしょう。仕事はキツイのですが、お蔭で同僚たちの有難さが良く解ります。
a0160407_22231375.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-06-17 22:23 | Comments(0)

仕事が忙しいので

 当分の間、ブログは今まで以上に更新する回数が減ると思います。最低2時間残業で、土曜日も出勤となります。
何処をとっても無計画で無謀で理不尽な話しばかりですが、それが世間というものなのでしょう。生産優先、売り上げ重視と言いつつ、我が社の経営陣は突っ走ります。
現場作業員は既にフラフラですが、疲れた体にムチ打ってヤレと言うのです。ケチって機材も有り合わせの物を流用させ、無い物は手作り・・・|д゚)
それでも数が足りませんが、それを滞り無く回せるか?その辺りがポイントです。
a0160407_2141929.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-06-13 21:04 | Comments(0)

新製品量産3日目

 社員と派遣数名を加えて、私の現場が動き出したのが6月1日のことだった。私は初日から作業の準備やら派遣社員の指導、機材の準備に追われていた。
最初は数百、次の日は一千、今日は更に製造数が増えた。それは良いのだが、製品の材料と機材の調達が追いつかない。

更に今日は機械の稼働数も増えて、新顔も加わり更に私の苦悩は増した。製造ラインの人々は黙々と造り、必要な材料と機材が決定的に不足をきたした。
おまけに業界紙の記者を連れて、社長が来る。早く来てくれれば良いのに、事務所で話し
込んでいるのか生産施設に来ない。

上司は前日までとは打って変わり、様々に口を出して来る。予定外の機械まで作動させると言い、発案者の爺さんは機械の写真撮影をさせるなと煩い。それは私の仕事ではない、社長に言って下さいと突っぱねた。正直、現場の社員はそれどころではない。
私は原料製造の係長と作戦会議をしながら、段取りを決めて行くがバカな上司たちが混乱しているので段取りは次々と狂わされてしまう。
原料担当者は忙しい合間を縫って、最優先でこちらの原料を製造してくれる。

アシスタントの同僚は、工場での私の仕事を全力サポートしてくれる。私は不足している機材のフル活用に工夫を凝らし、何とかして必要数を確保する。
使えそうな物は何でも使い、どうにか今日の必要分を確保する事に成功した。だが用意できるのは最大で1日半程度だ。
月曜からの製造を考えると、今日仕様した機材は使える状態に戻す必要がある。でっ、明日は半日出社して、機材を使える状態にする。

当分は自転車操業だが、それで何とかなるだろう。しかし問題は製品検査や梱包といった作業について、お偉方が何も考えていないことだ。
数年前に開発した商品は売れ行きも良いが、最初から数年は私が一人で加工と検査をしていた。またそんな雰囲気が・・・|д゚)
でも今回は製造担当なので、それも出来ないことから大丈夫かも知れない。
それにしても余りに馬鹿げたドタバタと無計画、自分の方針がクルクルと変わるのが原因で開発製造が遅れているのを自覚していないとは、欲に駆られた人の考えは分からない。
a0160407_207225.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-06-03 20:07 | Comments(0)

怒涛の6月

 今日から新製品の製造を開始・・・。しかし、素人ばかりで数が出来ない。
おまけに・・・機材が足りない。
工場長は「俺はワカラン」と半分パニック、私は出来ることを黙々とする。
それしか出来ない、見通しが甘くただ作れと桁違いの数量を目標に掲げる社長。
初日はバタバタだった。まあ最初はこんなものだろう。
今月からは土曜の休みは無くなるだろう。
a0160407_1911285.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-06-01 19:11 | Comments(0)