身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年の瀬に想うこと

 もうすぐ2016年ともお別れだが、昨年末からここまで辛い一年だった。私はサラリーマンだから、仕事のことが大きな悩みでもあり試練でもあった。だが嬉しいこともあった。年始に待望の神棚を購入し、大好きな天照様、国常立様、手力雄様を我が家にお迎え出来たことが今年最大のニュースだ。

 
さて現代の日本は政治、経済などあらゆる分野で不祥事が露わになり、加えて阪神大震災に始まり長野地震や
3.11
の東北地方の大震災など災害が相次いでいる。

その時に諸外国が援助の手を差し伸べてくれているが、その多くは私たちの先祖が諸外国に対して示した素晴らしい人道的支援の賜物である。

中東で戦火に巻き込まれた邦人を救い出してくれたのはトルコであった。トルコは100年以上も前に遭難した自国軍艦の乗員に対する日本人の献身的な態度への返礼として、危険な戦火の中へ航空機を飛ばして邦人を救出してくれた。

ポーランドは一世紀近くも以前にロシアで孤児となった多くの子供たちを救い、丁重に扱って無事祖国に送り届けた当時の日本への感謝を忘れていない。

杉原千畝領事の逸話は有名だが、その『命のビザ』を手にしたユダヤ人を勇気ある行動で輸送した船員たちも存在した。そのお蔭で杉原領事の英断が意味を持ち、未だにその行為の素晴らしさが語り継がれている。

大戦中にも関わらず自艦の危険もかえりみず、漂流する敵国兵を救助した工藤艦長の行いは人として立派なものである。無論、工藤の指揮する雷(旧帝国海軍駆逐艦)以外にも同様の行為を行った艦もある。


現代でも途上国で私財を投げ打って学校を建設した人、井戸を掘りその方法を伝授し現地の人々の生活向上に寄与した人など日本人の偉業が幾つも伝えられている。

一見してチャラチャラしている様に見える現代の子供たちも、いざ鎌倉という事態に成れば先祖にたちに負けない素晴らしい人間性を発揮する。

この不思議な国民性は何処から来るのだろうか?などと考えながら、己の小ささ不甲斐なさを省みずには居られない気持ちに成った。

誇りを失いかけている日本人。この素晴らしい先人たちの行為を何故に学校で教えないのか。是非とも義務教育の中で子供たちに教えて欲しい、そして日本人としてのプライドを持てる教育をと思う。


[PR]
by levin-ae-111 | 2016-12-30 19:57 | Comments(0)

日露首脳会談


 安倍首相とプーチン大統領の会談が注目を集めている。日本は経済援助をする代わりに北方領土の返還交渉に入りたい。しかしロシアは経済援助のみを目指しているのであり、北方領土返還などいささかも眼中に無いというのが本音だろう。

考えてみれば仮に返還するとしても、現在の住民たちをどうするのか?問題は山積みで「考えたくもない」というのがプーチンの本心だろう。

北方四島が故郷という人々は沢山いる。我が県にも500名近い北方領土の出身者が居るとニュースで報じていた。皆さんご高齢で、故郷での思いで語っていた。

この方たちにはお気の毒だが、北方領土は永遠に返還されることはないと思い定めた方が良いだろう。

日本が北方領土に拘り続ける以上、それはロシアにとってお金を引き出す恰好の口実であり続けるだろう。

政治を司る人々に言いたい。私たちの血税をこれ以上、ドブに捨てる様な行為は即刻中止しなさい。もっと国民を観なさい、そして真剣に公僕としての仕事を遂行しなさい。

国民を観ずに外国の顔色ばかり気にしているから舐められるのだ。いくら金を出しても彼らは感謝などしない。その証拠に今回のプーチンの様に何時間も遅刻して平気でいるのだ。

国家のトップが会談するのに数時間の遅刻、しかも二度とは完全に舐められている。ロシアや中国、韓国とはもう必要以上に関わることは無用と私は思う。


[PR]
by levin-ae-111 | 2016-12-16 20:48 | Comments(2)

ショック!!

 毎年恒例の地域の忘年会がありました。会場も恒例の徒歩10分ほどの施設です。

私は筋向いの家のお父さんを誘って、二人でご近所を回り参加する住人たち数名と一緒に会場へ向かいます。これも例年のことです。

 今年も集合時間の少し前に筋向いのお父さんを誘い、二人で歩き始めてすぐのことでした。

「おっ、猿だ!!」と向かいのお父さん。

見ると隣家と我が家の間にある畑に、大きな猿が一匹で作物を物色していました。

猿は私たちに気づくと、素早く身をひるがえして、ご近所の家の裏の藪へと逃げ込んでいきました。

一瞬の出来事で二人とも驚くばかりでした。それにしても猿とは、我が家もド田舎なのだとつくづく思いました。

これまで出会った野生動物は、キツネ、野兎、雉、カモシカ、タヌキ、ハクビシン、アナグマ、テンなどでしたが、猿が家の付近に居るとは思いませんでした。

それを近所の人に話すと「俺は日本鹿を見た」とか、熊を見たとかいう人もいました。

中には「夜中に何か唸りながら、家の前を通った」という人も(;゚Д゚)

先日も朝方にけたたましい消防車のサイレンが響きました。しかも忘年会会場の付近です。

しかし煙も見えず、ご近所の人によると「熊が出たらしい」ということでした。

我が地域は工業団地の下にあり、大きな工場が次々と進出して朝夕は通勤ラッシュの車の長い列ができるのですが、それでもやはり富山の田舎だと思い知らされた感があります()

a0160407_18592050.jpg
                                     去年であったカモシカ君


[PR]
by levin-ae-111 | 2016-12-13 19:01 | Comments(0)

雄山の龍神さん

 お盆休みに中国から来ている研修生たちと、立山の室堂へと遊びに行った時です。今年に入ってから私に雄山の龍神様が憑いていると、ブロ友さんが教えてくれました。

室堂は雄山のすぐ下に広がる平地です。研修生たちは何時も積極的に私の仕事を手伝ってくれるので、その慰労を兼ねて同僚たちと一緒に連れ出したのでした。

雄山といえば『雄山の龍神さん』と思い、巨大な龍が私たちの前に現れてくれたらなぁ等と行く前から妄想していました。目の前に現れた龍神のイメージです。

しかし実際にはそんな事が有る筈もなく、雲が出始め雄山も剣岳も隠れてしまい少し残念に思っていました。

そればかりか、すぐ目前の室堂センターまでが雲に覆われ始めました。それで少し珍しいと思い、写真を撮りました。

帰宅して写真をPCに取り込み、フォルダーに放り込んで暫くは観る事もしませんでした。最近になって写真を観ると、アレッと思いました。

雲に覆われ始めた室堂センターの風景をよく観ると、巨大な龍の顔に見える気がします。

きっと来てくれたに違いない、そんな気がします。

a0160407_21542372.jpg
a0160407_21540912.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2016-12-08 21:56 | Comments(2)

悩みは尽きません


 謀新興宗教の信心を若い頃からしていた父親、これまで私たち家族も巻き込まれて来た。

一応は仏教ベースだが宗門と袂を分かってから久しく、もはや仏教とも言えない。

私たちが成人してからは、くだらない束縛の多いこの教団には近寄らなかった。父も数年は教団の活動から離れていたが、家庭内のイザコザから再び教団の人間と接点を持ち始めた。

我が父親ながら非常識な見識の人で、家族を軽んじ赤の他人の言葉を重んじる歪んだ性格の人間だ。短気で若い頃なら平気で家族に手を上げる、身勝手を絵に描いたような人間だ。

その癖、他人の前では借りて来た猫のように大人しく、余計な世話まで焼くようなバカ親切な人間を演じている。

最近は再び勤行・唱題と称する事をやるように成り、近所迷惑も考えず気持ちの悪い声でごにょごにょと始めている。猫は嫌がり、狂ったように泣き叫び、母と妹は嫌悪感を隠さない。

私やすぐ下の弟は妹や母の愚痴に平行し、父親の奇行に困り果てている。痴呆症が発症しているのか、物を置き忘れては「盗られた」と言う。そうかと思えば小さな事で拗ねて、食事も摂らず一日寝て居たりする。

常識外れの異常な性格は恐らく遺伝的性質のものだと思う。世間体ばかり気にして、外面は良いが家族には冷たい、そういう性格は父の母親も同じだった。他人に対しては馬鹿程に親切で、返って蔑まれるほどだった。

その気質は父と妹に強く受け継がれており、二人とも我こそは正しいと思い込んでいる。

このような狂った血筋は続く必要はなく、私や弟が結婚できないのもそういう理由かも知れないと考えたりする。

新興の邪教に洗脳され切っている父、基地外遺伝子に操られている妹に話は通じない。私としては二人が真人間に少しでも近づくよう神様に祈るたけだ。

いっそのこと、何もかも捨ててしまおうかとも思うが、そうも行かない。人間性の低い人々にはホトホト閉口する。それは家族でも他人でも同じだが、家族となれば放置する事も出来ず困っている。これも何かの因縁だと思えば、私にも問題があるのだろう。


[PR]
by levin-ae-111 | 2016-12-03 23:36 | Comments(0)