身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 私の職場は製造現場です。少しでも生産量を上げる為に機械化を進めています。

工程の一部で接着剤(ネバネバの液体)を塗布したガラスクロスを回転するブラシで運ぶのですが、ブラシが接着剤で汚れてくるとブラシとブラシの隙間に落下し易くなります。

落下するとそれが接着する材料の流れを妨げ、不良になります。

それで目が離せない状況が続く訳ですが、私は簡単な細工をしました。接着する材料の流れを妨げない程度の位置に、落下防止の段ボールを仮設してみました。

その結果・・・あれほど頻繁に落下したガラスクロスが、その素振りさえ見せずにスムースに流れて行きます。10分、30分、1時間が経過しても異常なしです。

結局は段ボールを設置後に落下したガラスクロスは、設置前の一割以下に激減しました。

しかし、ガラスクロスの落下と段ボールは直接の因果関係がありません。段ボールは落下したガラスクロスを受け止めるだけの役目です。それが落下自体を防止した変な現象です。

でっ、変人の私の脳裏を過ったのは、まさかの量子論の二重スリット実験でした。

二重スリット実験とは、量子の性質を知る為に考案されました。一本のスリット(切れ目)に対して電子を発射し、スクリーンにつく跡を観察する実験です。この場合、スリットの形に点の跡がつきました。

ところがスリットを二本にした途端、点で構成されるはずの跡がまるで波が起こす干渉縞の様な模様になったのです。

そこで電子を一つずつ発射してみましたが、相変わらず干渉縞が出来ました。ならばと電子がスリットを出た瞬間を観測しようとすると、干渉縞は出来ず点で出来た二本のスリットの形に跡が出現しました。観測装置を外すと電子は再び干渉縞を描き出します。

これは観測装置の存在が発射された電子に何らかの影響を与えたに違いない、ということになり、それを『観察者効果』と呼んでいます。

つまり発射された電子は観察されていれば粒子として、観察されなければ波として振舞うのです。もしかして段ボールが観測装置の様な役割を果たしたのでしょうか?

長々と書いた結論がこれか!!まあ馬鹿者の直感ですから、お許しください。でも担当が他の人に変わった途端、段ボールが有ってもガラスクロスがずっと頻繁に落下し始めたのはどうしてでしょうか。チョット不思議な体験でした。

a0160407_23195076.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-10-27 23:20 | スピリチュアル | Comments(2)

変な話し


私の場合は深く考えることなくスピに突入しました。幽霊とかUFOとかに興味があり、そちら系の本を読み漁っていました()

でっ、ハテナというのを知って興味本位で購入しました。何も感じませんでしたが、8万円もしたので勿体ないのでマニュアルに沿って瞑想を始めました。

そうしたら様々な体験が出来て、中には普通なら怖くてやめてしまう様なものも有ったの

ですが、馬鹿だから気にも留めずに瞑想を続けていたのです。

体験をして自分なりに考え、そして自分のスピ的な考えを蓄積していったのですね。それで得た結論が後から読んだ多くの本と同じだったのです。

あっ、自分も結構いけてる!!とか思って『チャネリング体験記』という安易な題名の原稿

を書き、本にしようとしたのですがお金がなくて自費出版も出来ず()

結局はMIXIで発表し、他の方から進められてブログで書いていました。ごく一部は出版さ

れましたが、それ以上は鳴かず飛ばずです()

その内にチャネリングで聞こえる声の主に「息子にしてくれ」とバカな事を言い、あろう

事かそれが承認されてしまいました。そして「私は姉です、姉さんと呼びなさい」という

相手が出て来て、更に「私は伯母です。伯母さんと呼んでね」とか言われ、ぼーぜん。

そうこうするうちにブロ友さんのブログに辿り付き、自分がオオヤマヅミの分け御霊だと知り、ある意味納得しました。

無論、上記の様な馬鹿な話しをブロ友さんは知りませんでした。

完全に符合しているわけではありませんが、伯母さんは白山ククリ姫で姉さんはアマテラスでした。神話ではオオヤマズミはイザナギとイザナミの息子で、ククリ姫はイザナギの姉弟なのです。アマテラスはイザナギが黄泉から帰って禊をした時に生まれていますので、オオヤマズミにとってはある意味で妹です。神話と立場が逆ですが、それはご本霊の話しで私は分け御霊ですから、そうなるのかなと思っています。

オフ会で富士に行った時も、霊能者の方に「アマテラスが付いている」と謂われ、その時にお会いした別の霊能者さんも玄関先まで出て見えなく成るまで見送られました。

恐らく霊能者さんは私でなく、アマテラスさんをお見送りなさったのだと思います。

こんな感じですが、別に大した人間でもありません。ただの人好しです()

特に修業もしていませんが、瞑想と感謝を忘れず楽しく生きるのが一番と今は考えています。

a0160407_20461681.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-10-25 20:46 | スピリチュアル | Comments(0)

2017坂の町アート2

 我が町のイベントとしてすっかり定着した感がある、坂の町アート。このイベントが終わると一気に秋が深まります。セイタカアワダチソウが黄色い鮮やかな花を咲かせると、いよいよ晩秋の始まりという気持ちになります。

 昨日に引き続き町中の通りを一人寂しくうろついて来ました。皆さんお友達や家族連れで楽しんでいらっしゃいますが、カメラをぶら下げて一人で歩いているのは私くらいのものです。それでも作家さんと楽しく話しが出来ましたし、美しい作品の数々を眼にすることが出来ました。

この坂の町アートでは出展作品を観る以外に、もう一つ楽しみがあります。会場として開放されている旧家もまた見所のひとつです。太い柱や梁、白壁の倉や土塀などです。

町並みはどの家も接近して建てられており、建物と建物の隙間は殆ど有りません。古い家の特徴は間口がとても狭いのですが、奥行きは異常なほどに長いという点に有ります。

江戸時代から続く歴史ある街並みもまた一見の価値があります。

a0160407_14475344.jpg

a0160407_14470996.jpg

a0160407_14451200.jpg

a0160407_14440180.jpg

a0160407_14433848.jpg

a0160407_14431483.jpg

a0160407_14424483.jpg

a0160407_14422699.jpg

a0160407_14401302.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-10-09 14:48 | Comments(0)

2017坂の町アート

a0160407_16575124.jpg

 毎年恒例になっていますが、今年も我が町で最期?のイベント『坂の町アート』がこの連休中に開催されています。一昨年、余りの可愛さに購入したギョーザの精を創った方にお会いしました。「この可愛らしさにやられて、2体持っています」と伝えると、喜んで下さってコーヒーをご馳走になりました()

 さて芸術家の皆様の作品は無論のこと素晴らしいのですが、各家々の玄関先に施された住人の方々の心尽くしも素晴らしいものがあります。

今回はこれを少しだけですが、ご覧いただこうと思います。


a0160407_16341540.jpg


a0160407_16332536.jpg

a0160407_16324186.jpg

a0160407_16322575.jpg

a0160407_16321353.jpg

a0160407_16344547.jpg

a0160407_16334653.jpg



[PR]
by levin-ae-111 | 2017-10-08 16:35 | 日々の出来事 | Comments(0)