身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

予想通り・・・

 我が社で労災が発生しました。負傷者は完治までは数カ月の重傷です。

元々からギリギリの人数で操業しており、その事で一つの現場の作業がストップしています。作業が出来る人間で回せるのは、私と他二人だけです。

それで今朝、出社したらそちらの部門へ応援に入るように言われました。まあ状況から見て

完全に予測の範囲内ではありました。

私の担当部門も重要なのですが、背に腹は代えられないらしく数年振りにその現場で作業

をしました。

覚えているか不安でしたが、機械に向かうと思いの外スムーズに作業が出来ました。

体が覚えていたのでしょうが、全く違和感がありませんでした。ですが、私の仕事をフォローすると言った上司たちは何もせず、私の現場は放置状態です。

午前中に部下が一人で四苦八苦していましたが、その部下も午後から私と入れ替えで件の部署へ入るシフトで、今度は私が四苦八苦。

それにしても、昨夜は久しぶりにマッサージを受けている様な感覚が有りました。それは肩甲骨と左右の臀部を同時に集中的に指圧されているような感覚でした。

仰向けに寝ているのですが、その感覚はうつ伏せにされて的確にツボを刺激されているような錯覚に陥りました。

今日の作業は体力的にとてもキツイので、神様がケアをして下さったのかも知れません。お蔭様で、今日は快調でした。

a0160407_20503863.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-28 20:52 | 日々の出来事 | Comments(0)

可愛い訪問者

 今朝、目覚ましに起こされて、フラフラと起き上り手洗いへ行こうとした時でした。

床に何かを発見した。よく観るとちっちゃなヤモリでした。

「何で!!」しかも手足や頭が白く浮いた感じになっていて、死骸にカビが生えているのか!!と思いました。しかし寝る前には居なかったので、ここまで這って来たに違いない。

死骸であれば早急に始末しなければ成りません。

紙片に載せようとした時、ヤモリ君は僅かに動いたように見えました。もう一度、突っつくと、ノソノソと動いたので生きていると分かりました。

ヤモリ君は生きていました。白くカビている様に見えたのは、どうやら脱皮途中の古い皮だと分かりました。

生きている、しかし、それはそれで困ります。ヤモリ君は爬虫類ですから、この寒空に外に出せば動けなく成ります。太っていれば冬眠できますが、この子はちっちゃくて痩せていますので冬眠は難しいと思います。

取り敢えず空き箱に枯れ葉、水を少し垂らして蓋をして出勤しました。

冬の間だけ保護するにしても、餌は生餌ですし虫も今は余り居ません。ネットなどで調べるとコオロギやワームは売られているのですが・・・。

コオロギもワームも一つの命に変わりはなく、困ってしまいました。何か人工の餌は無いものでしょうかねぇ(*´ω`*)

a0160407_20052641.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-20 20:06 | 日々の出来事 | Comments(0)

可愛い訪問者

 今朝、目覚ましに起こされて、フラフラと起き上り手洗いへ行こうとした時でした。

床に何かを発見した。よく観るとちっちゃなヤモリでした。

「何で!!」しかも手足や頭が白く浮いた感じになっていて、死骸にカビが生えているのか!!と思いました。しかし寝る前には居なかったので、ここまで這って来たに違いない。

死骸であれば早急に始末しなければ成りません。

紙片に載せようとした時、ヤモリ君は僅かに動いたように見えました。もう一度、突っつくと、ノソノソと動いたので生きていると分かりました。

ヤモリ君は生きていました。白くカビている様に見えたのは、どうやら脱皮途中の古い皮だと分かりました。

生きている、しかし、それはそれで困ります。ヤモリ君は爬虫類ですから、この寒空に外に出せば動けなく成ります。太っていれば冬眠できますが、この子はちっちゃくて痩せていますので冬眠は難しいと思います。

取り敢えず空き箱に枯れ葉、水を少し垂らして蓋をして出勤しました。

冬の間だけ保護するにしても、餌は生餌ですし虫も今は余り居ません。ネットなどで調べるとコオロギやワームは売られているのですが・・・。

コオロギもワームも一つの命に変わりはなく、困ってしまいました。何か人工の餌は無いものでしょうかねぇ(*´ω`*)

a0160407_20052641.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-20 20:05 | Comments(0)

仮装現実

 最近ではこの世界が仮装現実である確率が50%程度だと、科学者の中には考えている人々がいます。ネット上では様々な証拠や考えをあげて、私達がコンピューター上の単なるプログラムでしかないと主張している訳です。

初めてこの情報に接した時は、いやぁ~ショックでしたね。映画マトリックスの世界のように、発電所のカプセルに閉じ込められて夢を見ているだけかも知れないと思って愕然としたものです。

でもここは前向きに元々から宇宙とはそういう仕組みであり、私達の技術や考え方が漸く宇宙の実相に近づいたと考えるべきでしょう。

思えば十数年前に内なる声は、「この宇宙はゲームの様な物」「宇宙の仕組みを説明するにはゲームに例えると分かり易い」といったニュアンスの事を伝えられていました。

こんな事は好奇心でしかありませんし、私達の現実には何も変わらないので心配は要りませんが。

そうでした、瞑想中に見える白く輝く光点に一度だけ飛び込んでみた事があります。長いトンネルを飛んで、出口の明かりが見えたのです。

その先からこちらを覗く顔が二つあり、私はそこから出ようとしましたが無理でした。もがく私を尻目に、背中を見せて去って行く二人は金色に輝いていました。

その時の私は回路の中を入る電気信号だったのでしょうかねぇ。

a0160407_21014235.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-08 21:02 | スピリチュアル | Comments(0)

変な話し2の続き

 先週から観察していた機械の作動状況についてです。事の起こりは接着剤を塗布したガラスクロスを回転するブラシで運ぶ工程で、頻繁に落下する現象でした。

ブラシの間隔を詰めるとブラシに付着した接着剤が互いにくっつき、ブラシの回転が止まってしまいます。

しかしこの現象、人が見ていると不思議に落下せず、少し目を離すとたちまち落下して詰まり困っていました。せめて落下したガラスクロスが下層まで達しない様にと、段ボールの板を一枚置きました。

これ以降、不可解な事に落下するガラスクロスが激減したのです。バカな私は量子論の『観察者効果』なる説を思い出し、更に観察者効果を上げる為に段ボールに目を描いてみました()

結果、前回は2時間で2枚の落下が発生したのに対し、今回は4時間で2枚でした。更に人が変わると途端に増加していた落下が、人が変わっても以前ほどに激増はしませんでした。ホンの遊び心でした。

a0160407_20580689.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-07 20:58 | Comments(2)

イグノーベル賞


イグノーベル賞(イグノーベルしょう、: Ig Nobel Prize)は、1991に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるノーベル賞のパロディーである(ウイキペディアより)

しかしこの賞、決して馬鹿にはできません。楽しく笑わせながらもその結論に至るまでの過程にはちゃんとした科学的な積み重ねが基礎となっている、そんな陽の目を見ない研究に光を当てる賞なのです。

受賞の常連は日本とイギリスで、今年も日本の研究者が受賞しました(11年連続)。受賞者は北海道大学で准教授を務める吉澤和徳さん。

この方幼少から昆虫に興味があり、昆虫研究一筋で25年という人。研究の中心は『チャタテムシ』と呼ばれる5000種も発見されている身近な昆虫です。共同研究者と共に世界中を飛び回り、遂にブラジルの洞窟で大発見をしたのです。

その発見とは交尾の形態が雌雄逆という前代未聞の発見でした。つまり雄の生殖器に雌の生殖器が挿入されるという、全く逆の交尾を行う昆虫の発見でした。

また雄からは精子と共に栄養分も供給されるので、雌は雄を70時間も拘束する場合もある。

この3ミリ程度の小さな昆虫に吉澤さんは『トリカエチャタテ』という名を付けた。

授賞式の当日も吉沢さんは仲間と共に洞窟に居て、ビデオメッセージで授賞式に参加していました。吉沢さんと仲間が話す度に、会場は笑いの渦に包まれました。

一見して馬鹿馬鹿しい研究も、それを行っている人は真剣ですから、そこがまた微笑ましいのです。

他に受賞した研究は

物理学賞 猫は液体か?

平和賞   ディジュリドゥでいびき改善

経済学賞  ワニを見るとギャンブルで浪費する

解剖学賞  年を取ると耳がでかくなる!?

生物学賞  男女の常識を覆す虫(吉澤さんの研究)

流体力学賞 コーヒーがこぼれない持ち方がある

栄養学賞  吸血鬼はいるのか?

医学賞   チーズ嫌いは脳波でわかる

知覚賞   双子は自分の写真を見分けられるか

産科学賞  胎児専用の携帯音楽プレイヤー

どの研究もテーマを見ただけで「えっ、こんな事を研究してるの!!」と思ってしまいます。でも研究者は大真面目で、皆さんちゃんとした科学者ばかりです。

授賞式では研究者の説明が持ち時間をオーバーすると、8歳の少女が出て来て「もう飽きたわ、だから止めて」などとクレームを付ける。何故8歳の少女なのか?これもイグノーベル賞で発表された研究結果なのだとか。

どんな奇想天外な研究が成されているのか、来年も注目したいですね。


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-05 10:23 | 日々の出来事 | Comments(0)