身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ETソウル外伝(10)

ロードアイランドでは、喉の乾きを満たす様に、ソン・サン・サという韓国人の師匠の許にこもり、3ヶ月間もの静かな瞑想に入った。そこの雰囲気は素晴らしいもので、心はのびのびとしていて、規律も厳しかった。師匠はよく指導をしてくれたが、個人的な修行の時間も十分にあった。そして、このロードアイランドでの修行で、スコットは最終的な突破口を開いたのだった。
スコットは自分の心に支えていたもの、自分を現実の世界で生きることから遠ざけていたものを、完全に取り除いた。彼は長い間抱えていた、心を掻きむしる様な感情的な苦痛から完全に開放されたのだ。
座禅を組んで、師匠と禅問答をしているうちに、それまで読んだもの、学んだ事、内面的な思考を巡らせたもの、アメリカや海外で行った修行の数々、そういった総てのものが突然にピタリとおさまり、明確に理解できた。

 スコットは古い禅の教えに、ずっと従ってきた。それは『あなたは炎の上の頭のように瞑想しなければ成らない(無知なので、よく意味がわからない)』とか、『赤い灼熱の鉄のボールを飲み込んで、それを吐き出せない』という教えだ。その意味は、悟りを開こうと強く願うあなたの気持ちを、完全に献身することの一点に集中しなければ成らないというものだ。彼は親友が修行をし過ぎて、心身をすり減らし、狂った様になったのを見たことがあった。スコット自身もセラピストに、正気を失いつつあると言われた。
彼は余りそのこと(精神異常)には拘らなかったが、苦闘の彼方にいつか光明を見出すことが出来るのかどうかを心配していた。そして、ロードアイランドでの修行中に、臨死体験をした。

 その時彼は、何も無い空間に入りこんでいた。息も出来ず、動くことも出来ず、ただ静かに横たわっているだけだった。だが、意識ははっきりしていて、休息と安らぎを実感していた。しかし、その休息と安らぎを十分に味わうことを妨げているものがあった。
それは『死』に対する恐怖、正確には『一つの人格の死』に恐れをであった。
それでも彼は、こうした恐れ自体も、この何も無い空間に吸い込まれてしまっているのだろうと考えた。つまり、恐怖そのものが、空っぽで実体の無いものだと感じたのだ。
そう考えると、心の平安が戻り、全てを超越した安らぎの心の拠り所が戻ってきた。それから様々な考えが浮んできても、そうしたものはそよ風の様にはかなく空虚なものだと思われた。瞑想の最中に起こった、死を予感させる、あるいは何となく消滅を予感させる出来事は、真底恐怖だった。その恐怖から逃げも隠れもしないで通り過ぎることが出来れば、何の問題も起こらない。空虚なものに対する恐怖は、例えば幽霊に対するようなものだ。
恐怖が過ぎてしまえば、後に残るものは安らぎと平和だけなのだ。こうして自分にもたらされた一種の自由な気持ちを、人に伝えることは殆ど不可能だ。
[PR]
Commented by おるめか at 2011-01-26 18:36 x
このblogを読みかえすたびに新しい発見と感謝の連続です!
ハテナとの瞑想15年以上の経験はすさまじいですね。
自分はまだまだですが、これを追求する可能性とエネルギーをもらっています。
このblogを発信する事自体とても勇気が必要ですよね。俺はいいたかった事を、友達に話せずに心の底にためたままで悩んでいました。やっと友達に話せて、理解はできないものの、共感はしてくれました。
本物というものはやっぱり、有名だとか、人気があるということではないですね。レビンさん(あってるかな?)のコメントの対応や、ハテナとのやりとり、謙虚な姿勢、とても尊敬できます!
Commented by おるめか at 2011-01-26 18:38 x
あと、過去ログのコメント欄でみたんですが、太陽の光や蛍光灯からでている、あのキラキラ光るのはフォトンだったんですねー、ガラスを通すとよりハッキリみえます。ヨガの先生にきいても、何を調べても載っていませんでした!俺の中の謎がたくさん発見できたと感じています!
ありがとうございます。
北海道千歳市から応援しています。
Commented by levin-ae-111 at 2011-01-27 05:02
おるめかさん
いつも有難うございます^^
仰るような、凄いものではありませんが、マイペース
でコツコツとやって来ました。
やはり自分を他の人に理解して欲しくて、書き始めた
のかも知れません。勇気が必要でしたが、それでも少ない
ながらも、幾人かの友人たちには、こういう話しが出来る
人が居てくれましたから、僕は幸せ者でしょう。
そして「おるかめ」さんの様なコメントを頂いて、更に勇気
を持って書くことが出来ています。
有難うございます。
そちらの雪はどうですか?こちらは、連日降り続けています。
春が待ち遠しいですね。
Commented by levin-ae-111 at 2011-01-27 05:04
「おるめか」さん、名前を間違えました。
ゴメンナサイ、お許しくださいm(__)m
Commented by おるめか at 2011-01-27 20:59 x
わざわざ訂正ありがとうございます(^O^)
連日雪なんですねー驚きです!千歳は雪がまだ50センチくらい積もっていますが、ここ一週間はあまりふっていませんよ。20キロくらい山に走ると1メーターくらい積もっていますけどね☆今、すごく冷え込んでいるので夜空がとても綺麗にみえます。なんかいつもより星が多いような☆
明日も外伝楽しみにしています。
Commented by levin-ae-111 at 2011-01-28 05:02
こちらは、平野部でも50センチ。私の町は少し山間部で
家の周囲は70センチ程度かなあ。今朝は、薄っすらと数
センチでほっとしています。
by levin-ae-111 | 2011-01-26 05:07 | Comments(6)