身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ショッキングな出来事

 私が鬱になっていた丁度その頃、友人が自殺未遂で同じ病院に居たのです。しかし一命を取りとめて、精神的な治療の為に入院していたのでした。
友人が曰く、食べたいものや飲みたいものも自由に飲めず、かといって何か他の事に興味もない。彼は糖尿病でしたが、私がそれを知ったのは去年くらいでした。
つまり彼は生き甲斐を無くし、絶望というより人生を、世間を見切った積りになり、もうこの世には居たくないと思ったそうです。

精神科医の治療もこれといって決め手がなく、上記の想いを彼は今も抱いています。しかし、一度はあの世に拒絶されているので仕方がないという気持ちも持っています。
「後は何をして寿命が尽きるまで過ごせというのか?だから、僕にとって君とのこうした時間は既に余生なのだ」ともいいます。
私はその話しを聞いた時に、とても意外な気がしました。それというのも、それまで彼はそういう素振りを全く見せなかったからです。

それから何度も彼と会って話しをしていますが、彼は政治にも経済にもその他の動きにも関心を示すことはありません。自分はこの世界を捨てた人間だから、何かを言う資格も意思もないのだと淡々と語ります。
スピリチァルな話しにも、神仏か何かが存在するのなら連中はこの人間社会をどう思って見ているのか疑問だと言います。
確かにそうかも知れませんが、私の経験では神仏は人間に手を差し伸べる事が確かにあるのです。ですがその場合、人間は精一杯の努力をして、後は運を天に任せる的な状態でなければ成らないと思うのです。
それは願いもしない思い掛けない時にそっと、しかし確かにやって来るものだという気がします。

私たちにとって本当に些細な事でも、神界や霊界の視点で見れば何か重要な意味があるのでしょう。重い台車を慎重にしかし全力で引いている時、上り坂の途中で突然にフッと軽く成りました。まるで二人で引いている感じになりました。
「誰かが押してくれている」そう感じた私は、荷物越しに確かめましたが誰も居ませんでした。ただ覗き込んで見えた空間は、一瞬ですが確かに輝いて見えました。
そういう事が、私は二度ほどありました。
またクレーム処理の回答に困った時には、原因と思われるものがスッと頭に浮んだりしました。

また古い体験ではありますが、落ち込んでいた時に突然に聞こえた叱咤激励の声は、本当に思いやりを感じさせる声でした。
この友人は宗教団体の会合や儀式に誘われて行けば、信者でもなく初めてにも関わらず何故か教祖様に注目される様です。
長年のお馴染みさんが一言なのに、彼には長いお言葉があったとか、指名されて結縁灌頂を頂くという事が何度かあったようです。でも彼に不思議体験などはありません。
反対に私は常にその他大勢であり、注目されれば敵視されるという事が殆どでした。

 私は35歳頃から自己流で精神世界へ踏み入りまし。最初は興味本位から、その次の段階は不思議体験や身体のエネルギー感覚、チャネリングと徐々に進みました。
しかし私が常に求めていたのは自らの存在意義であり、物質世界のそれでした。
一時は分かった気に成っていたのですが、最近では私の中で自身や人類、強いてはこの世の存在意義が変化してきています。
それは『単に存在する』としか言い様がありません。その事に意義を求めて納得しようとする事自体が誤りであったのかも知れません。
私が求め続けていたのは、物事のメカニズムではなく、その複雑なメカニズムを使ってまで何故それが存在するのかということでした。

ですから友人にも「何故」を止める良い機会が与えられたのかも知れません。世の中には亡くなる人は、こんな事で!!と思うほど簡単に亡くなってしまいます。
ですが何度も自殺未遂を繰り返しながら、行き続けている人もいます。でもその後は心と身体に大きな負担を残しながら生きねば成らないという、一種のペナルティが付いて来ます。勿論、友人にも漏れなく付いていることでしょう。私も自殺を考えたことがあります。
友人は世間を解った積りに成って希望を失い、自分の役割が無いと感じたのでしょう。
存在するのだから、それに意義を求めることを止めても構わないのですし、それを追求し続けることも良いでしょう。
全ての不足感は所詮、自我の成せる技なのでしょうが、それを否定する必要もないのではないか、今の自分がどう在ろうと認めて受け入れることから全てが始まるのではと考えています。
[PR]
Commented by ryukyu at 2013-05-10 12:11 x
いつもありがとうございます。
最近 ヨーガの 実践と 勉強にはまっていています。
その中に 健康の定義について ありましたが 精神・肉体の健康のほかに スピリチィアルな健康も大事であると教わりました

スピリッチュアルな健康とは 
・生きる意味(目的)を見出す。
・前向きに生きる。
・今の自分を受け入れる。
・安らぎを感じながら生きる。
・死生感を持って生きる。                
上記を 持つために 自分はどのようにして存在しえたか ということを 内観することが重要ということでした。

内観すると 自分という存在が 他人やこの世といった環境に 相対的に存在するのではないことがわかってくるそうです。

Commented by levin-ae-111 at 2013-05-10 18:59
ryukyuさん
ありがとうございます(^^)
ヨーガも深いのですねえ。生きる意味・・・と、前向きに・・・
以下、どれを取っても私は出来ていませんね。
敢えて言えば、生死感は持っていると思います。
自分が環境に対して相対的に存在していない、確かにそうです
ね。そう思います。
何に対しても自分の立場から観る、感じる訳ですからね。
有難うございます、改めて気付かせて頂きました(^^)
by levin-ae-111 | 2013-05-07 05:26 | Comments(2)