身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

闘い続けて一週間

 本格的な製品量産が始まってから、約1週間となりました。朝6時半ころに出社して、その日の準備をします。製品の仕様書を各機械に配布し、製造に必要な原料やら機材をセッティングして回ります。

朝礼で注意事項を伝達し、皆さん一斉に製造をスタートします。その殆どは手作業になりますが、普通の能力の作業員ならば手際に各段の差はありません。
従って原料や機材の追加、出来上がった半製品の処理や搬出などの作業がほぼ一斉に必要となります。

私はそれらを統括し、必要な原料や機材をタイミング良く追加し、半製品を搬出し、焼成用の棚に並べることを一人でやっています。勿論、そうなると手が回らず大変に忙しい事になれます。作業者の殆ど全てが派遣社員で、女性です。ですから力仕事は私一人に掛かって来ます。原料や部材は重く、温湿度管理が成された涼しい部屋でも汗ばむほどです。

女性達は黙々と作り、私はそれをアシストし管理もしているのですが、午前中だけでヘトヘトになってしまいます。午後からは私に助っ人が来てくれます。
しかし二人でも大変に忙しく、休憩もままなりません。機械にトラブルが出れば呼ばれますし、原料が少なくなっても呼ばれます。

機材不足は相変わらずで、明日も出社して焼成が終わった製品から外して、月曜に使えるように準備します。多くの社員は出て来ませんが、30代の社員が二人で手伝ってくれます。
この二人は何故か私に好意的で、先月は松本で3時間も待ってカレーを食べた仲間です。

他の社員も相談すれば出来ることは一生懸命にしてくれますから、とても有難いことだと思っています。
自然に「ありがとう」という言葉がでます。私は一体、一日になんど「有難う」と言うことでしょう。仕事はキツイのですが、お蔭で同僚たちの有難さが良く解ります。
a0160407_22231375.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2016-06-17 22:23 | Comments(0)