身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 1461 )


 今年も日本人にとっての終戦の日がやって来る。終戦(敗戦)を知って、当時の人びとは様々な思いに翻弄されたことだろう。しかし無条件降伏をして武装解除が成された後でも実際に戦闘行為が行われ、多くの戦死者が出ていることも事実である。

昭和2089日ソ連は不可侵条約を破棄すると、当時日本領であった樺太(サハリン)へ向けて進軍を開始した。真岡、大泊への上陸を目指して来襲した。

当時の樺太には40万とも言われる民間人がおり、北海道への疎開を初めていたが、ソ連による攻撃で疎開船の被害も出ていた。

日本軍守備隊と民間人による義勇兵は必至の抵抗を示し、多くの犠牲を出しながら民間人の脱出を援護した。真岡では電話交換手の女性達が最後まで業務を続け、ソ連軍が迫ると全員が服毒して自決した悲劇が伝わっている。

千島列島北端の島、占守島(しゅむしゅとう)でもソ連軍との戦闘が行われ、戦車第11連隊などの奮戦でソ連軍にも多くの被害を与えている。

この様な実戦でなくとも、多くの船乗りや軍人が降伏後も任務を続けていた。特に長く引きとどめられたのは機雷を除去する掃海部隊の人々であった。日本全国の港湾を封鎖する為に空から蒔かれた機雷を除去する危険な任務であった。この任務は数年に渡り続いた。

また他の部隊では除隊した隊員を集め、無事な艦船を運行し南方などに取り残された国民の収容に駆り出された。軍艦に限らず民間船でも生き残った大型船も、復員船として動員された。連合国からの攻撃は無いものの、機雷の浮かぶ海域を航行しなければ成らず非常に危険なものであった。

これ等の例だけでなく、復員せずに東南アジアに残った日本兵たちは原住民と一緒に残酷な西洋人の植民地支配から独立する為に戦った。

更に広島、長崎で被爆した方々や各地の空襲を体験された人々、特攻隊を見送った人々、大切な家族を失った人々などにとって、時間は止まったままなのかも知れない。

昭和20815日は日本がポツダム宣言を受諾した日であり、現実的には決して終戦の日ではない。降伏してもなお押し寄せる敵軍から同朋を守る為に命を捨てた人々が居たことを私達は知るべきである。安全な航路確保に終戦後も従事し、危険な作業を担った人々が居たことを知るべきである。

a0160407_22385723.jpg
a0160407_22391900.jpg
a0160407_22384655.jpg
a0160407_22382863.jpg
a0160407_22381409.jpg
                       *写真はネットからお借りしました。


[PR]
by levin-ae-111 | 2018-08-14 22:42 | Comments(0)


 固唾を呑んで観ていましたが、韓国戦とは少し違う感じで試合が展開しましたね。

お互いが似た様な作戦で一進一退の攻防が続きましたが、イギリスのミスが出て最後に勝利を手にしましたね。

この結果も相手にプレッシャーを掛け続けた日本選手たちの忍耐、努力の賜物ですね。

何はともあれ史上初のカーリングでのメダル獲得、本当におめでとうございます。

そしてカーリングの試合中にテロップで、マススケート(五輪新種目)で高木菜那選手が金メダルを獲得という更に嬉しいニュースが流れました。女子選手で二つの金メダル獲得は、これまた日本史上初の快挙でした。日本の女子選手たち、本当に頑張りましたね。

a0160407_19290438.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2018-02-25 19:29 | Comments(0)


 もう少し、ホンノもう少しで負けてしまいました。しかし、素人の私には日本の戦術がどうも理解できませんでした。

相手はハウス()の中にドンドン入れて来るのに、日本は円の外にガードストーンを置いてばかり。何故にはじき出しに行かなかったのか?

相手のストーンばかりがハウスに貯まり、初回から3失点となりそれが戦術に最後まで重く圧し掛かりました。

相手は単純にハウスへ入れて来る、或はガードをはじき出すだけです。ショットの難易度は日本よりもはるかに低いので、当然のこと成功率も上がります。それに対して日本は常に難しくて成功率の低いショットを強いられていました。

ハウスの中のストーンを出しに行っていれば、或は相手に戦術を変えさせることが出来たかも知れません。相手が同じ土俵に乗って来れば、もっと楽な展開になったでしょう。

日本は定石にとらわれ過ぎていたのではないか、そういう気がします。

玄人の人には笑われるかも知れませんが、韓国戦を観た私の率直な感想です。次戦は勝って是非にメダルを手にして欲しいものです。


[PR]
by levin-ae-111 | 2018-02-24 09:30 | Comments(0)

連日の大雪です(>_<)

 今週は強烈な寒気が入り、連日の激しい降雪です。私は毎朝除雪車の音で目覚めます。

除雪車は午前4時前後に来て、我が家の前には雪の塀が築かれるのです。

30分ほど掛けて車が出られる様にするのですが、今年は寒気が強いせいで雪はフワフワ、

サラサラで軽いので助かります。

道路はバリバリのアイスバーンで、路面は酷い凸凹の連続で車がバラバラになりそうです()

先週は関東地方での積雪がニュースになっていましたが、その時は私の地方は大した降雪ではありませんでした。

昨日まで降り続いていましたが、漸く晴れ間が見え始めて、峠は越したようです。

そのお蔭で毎日の残業と休日出勤からは解放されたのですが、また明日から2時間残業と土曜出勤の再開で、痛し痒しではあります。


[PR]
by levin-ae-111 | 2018-01-28 12:39 | Comments(0)

何だかなぁ(;゚Д゚)

 私は仕事初めから、相変わらずですが世間ではイロイロな事件が起こってますねぇ。

『生き仏様』と言われた法主がセクハラと差別発言で辞任を表明とか、一流アスリートが後輩のドリンクに禁止薬物を入れて飲ませたり、経営者が従業員を暴行したり・・・・。

皆さん、どうかしていますね。世も末という感が否めません。

少し微笑ましいのは、宇宙ステーション滞在で9センチも背が伸びたと、ツィートした人が・・・。しかし他の人に指摘されて再計測したら伸びたのは2センチだった。

しかもその2センチは、宇宙空間で重力が弱くなった分背骨の負担が軽減されて軟骨が膨らんだだけだよね。

素人の私でもピンと来たのに、学者の彼がそんな間違いを・・・。

やはり世も末ですなぁ。

a0160407_19193608.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2018-01-11 19:20 | Comments(0)

2018年

a0160407_22231660.jpg

[PR]
by levin-ae-111 | 2018-01-01 00:00 | Comments(0)

2017年

本年もお世話に成り
有難うございました。

皆様、良いお年を。

a0160407_12131530.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-12-31 12:15 | Comments(0)

可愛い訪問者

 今朝、目覚ましに起こされて、フラフラと起き上り手洗いへ行こうとした時でした。

床に何かを発見した。よく観るとちっちゃなヤモリでした。

「何で!!」しかも手足や頭が白く浮いた感じになっていて、死骸にカビが生えているのか!!と思いました。しかし寝る前には居なかったので、ここまで這って来たに違いない。

死骸であれば早急に始末しなければ成りません。

紙片に載せようとした時、ヤモリ君は僅かに動いたように見えました。もう一度、突っつくと、ノソノソと動いたので生きていると分かりました。

ヤモリ君は生きていました。白くカビている様に見えたのは、どうやら脱皮途中の古い皮だと分かりました。

生きている、しかし、それはそれで困ります。ヤモリ君は爬虫類ですから、この寒空に外に出せば動けなく成ります。太っていれば冬眠できますが、この子はちっちゃくて痩せていますので冬眠は難しいと思います。

取り敢えず空き箱に枯れ葉、水を少し垂らして蓋をして出勤しました。

冬の間だけ保護するにしても、餌は生餌ですし虫も今は余り居ません。ネットなどで調べるとコオロギやワームは売られているのですが・・・。

コオロギもワームも一つの命に変わりはなく、困ってしまいました。何か人工の餌は無いものでしょうかねぇ(*´ω`*)

a0160407_20052641.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-20 20:05 | Comments(0)

変な話し2の続き

 先週から観察していた機械の作動状況についてです。事の起こりは接着剤を塗布したガラスクロスを回転するブラシで運ぶ工程で、頻繁に落下する現象でした。

ブラシの間隔を詰めるとブラシに付着した接着剤が互いにくっつき、ブラシの回転が止まってしまいます。

しかしこの現象、人が見ていると不思議に落下せず、少し目を離すとたちまち落下して詰まり困っていました。せめて落下したガラスクロスが下層まで達しない様にと、段ボールの板を一枚置きました。

これ以降、不可解な事に落下するガラスクロスが激減したのです。バカな私は量子論の『観察者効果』なる説を思い出し、更に観察者効果を上げる為に段ボールに目を描いてみました()

結果、前回は2時間で2枚の落下が発生したのに対し、今回は4時間で2枚でした。更に人が変わると途端に増加していた落下が、人が変わっても以前ほどに激増はしませんでした。ホンの遊び心でした。

a0160407_20580689.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-11-07 20:58 | Comments(2)

2017坂の町アート2

 我が町のイベントとしてすっかり定着した感がある、坂の町アート。このイベントが終わると一気に秋が深まります。セイタカアワダチソウが黄色い鮮やかな花を咲かせると、いよいよ晩秋の始まりという気持ちになります。

 昨日に引き続き町中の通りを一人寂しくうろついて来ました。皆さんお友達や家族連れで楽しんでいらっしゃいますが、カメラをぶら下げて一人で歩いているのは私くらいのものです。それでも作家さんと楽しく話しが出来ましたし、美しい作品の数々を眼にすることが出来ました。

この坂の町アートでは出展作品を観る以外に、もう一つ楽しみがあります。会場として開放されている旧家もまた見所のひとつです。太い柱や梁、白壁の倉や土塀などです。

町並みはどの家も接近して建てられており、建物と建物の隙間は殆ど有りません。古い家の特徴は間口がとても狭いのですが、奥行きは異常なほどに長いという点に有ります。

江戸時代から続く歴史ある街並みもまた一見の価値があります。

a0160407_14475344.jpg

a0160407_14470996.jpg

a0160407_14451200.jpg

a0160407_14440180.jpg

a0160407_14433848.jpg

a0160407_14431483.jpg

a0160407_14424483.jpg

a0160407_14422699.jpg

a0160407_14401302.jpg


[PR]
by levin-ae-111 | 2017-10-09 14:48 | Comments(0)