人気ブログランキング |

身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


 ついに今日、とうとう今日、自治会の班長さんの役目が回ってきました。

あ~っ、面倒だーというのが本音です。大体、私など家と仕事場を往復するだけで、ご近所さんなど数名しか知らないのです。

それに何といっても、他人をまとめるとか面倒をみるなど大の苦手です。

今日、前任の方と引き継ぎをして、いよいよその時が来たと実感しました。引継ぎを終えて自宅で高校野球などを観ていると、突然の来客です。

知らない人でしたが「私、自治会長の〇〇です。班長さんですよね?これ、集金して15日ころまで持って来て下さい」と書類と封筒の束を渡されました。

「えっ・・・、はっ、はい」とだけ返事をすると、会長さんはスタスタと帰って行かれました。

さぁ大変、思ってもいない初仕事の発生です。回覧板の巡回順を書き直し、最後に自分に返って来るように設定しました。そして回覧をスタートさせるご家庭へ、回覧板と行政の発行した広報をご挨拶かたがた手渡しました。他のお宅には広報を郵便受けに入れて回りました。わずか二十数軒とはいえ田舎なので家が点在していて歩きでは辛いので、車に乗って回りました。毎月の会合とか意外に多い配布物、これから来年の四月まで面倒な仕事が続きます。

a0160407_20264889.jpg


by levin-ae-111 | 2019-03-31 20:27 | 日々の出来事 | Comments(0)

異変


 最近になって気づいたことだが、左右の手で温度の感じ方がかなり異なっている。右手では熱くあるいは温いと感じても、左手では温い冷たいと感じている。

これはどういう現象なのだろうか、神経系の異常か?はたまた脳みその異常か!!

しかし、他に異常は感じられない。左手の体温が低い訳でもなく、人体は摩訶不思議である。

そして・・・これも最近だが、眉間の上部の額が窪んで来たように見える。う~ん、流石に歳をとると色々とあるなぁ。

a0160407_19593733.jpg


by levin-ae-111 | 2019-03-28 20:00 | 日々の出来事 | Comments(0)

古墳の正体


 日本で見られる古代遺跡の一種に『古墳』と呼ばれる遺跡が存在する。その多くは九州から西日本にかけて発見されており、最大のものは『仁徳天皇陵』とか大仙()古墳と呼ばれている巨大な前方後円墳である。周囲に堀を巡らせた巨大な古墳であり、正に天皇の墓と呼ぶに相応しい威容を誇っている。その周辺には小規模な古墳が点在しており、何れも誰の陵墓なのか分からない。

しかし古墳とは本当に権力者の陵墓として造営されたものなのだろうか。近年、エジプトのピラミッドが奴隷を使役して造営されたものではなく、公共事業として造営されたとする説もある。ならば日本に於いても同様なことが行われていても不思議はない。


 小名木善行氏の説によれば正にそれであり、しかも古墳自体の造営が目的ではなかった。古墳の正体、それは田の開墾により出た残土置き場であったという。

雑木林や荒れ地を開墾し、水を引く為に水路を掘る。そうなれば大量の残土が出る。それを一か所に集めて積み上げ、土砂崩れを防ぐために形を整え堀を巡らせたというのだ。

そして古墳の発生から隆盛期を過ぎ衰退して遂には造営されることがなくなった理由については、開墾事業が進展し水路が十分に確保されると残土は船で運搬され堤防工事や埋め立てに使われるようになり残土置き場は不要になったのだとか。

開墾事業は食料の増産に繋がり民に慕われた大君(天皇)は、その業績の象徴たる巨大な残土の山の頂上に葬られたのだと小名木氏は言う。

考えてみれば民をムチ打って巨大な古墳を造営させるなど愚の骨頂である。何年にも及ぶ大事業で、その間はいったい誰が食料を生産したのか。そして、為政者がその様に横暴な支配を続けたなら、必ず反乱が起こり王朝は打倒されたに違いない。しかし現実は古墳の頂上に葬られた。開墾された田で働く民が巨大な盛土を眺めつつ、亡き大君を偲んでいたのだろう。

a0160407_15354853.jpg

大仙陵古墳


by levin-ae-111 | 2019-03-24 15:38 | Comments(0)


 最近になって知ったが、『サピエンス全史』と『ホモ・デウス』はイスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著作だ。その広い視野と発想の素晴らしさは世界中で話題になり評判らしい。読んでみたいと思うが、未だに手に入れていない。

しかしネットの記事をいくつか拾い読みしたから概ねの内容は知っている。『サピエンス全史』は人類の歩みを俯瞰し、『ホモ・デウス』では人類の未来について考察している。

何れもこれまでに無かった視点からの話しであり、それが多くの知識人をして新鮮で画期的な説として受け取られているものらしい。

ホモ・サピエンスは他の人種との生存競争に生き残った。その故は『虚構を信じる力』があったからだとハラリ氏は述べている。

なるほど、確かに世の中は虚構で出来ていて、社会に参加している人々が提示されたシステムを信じることで成り立っている。国家も会社もグローバル経済も全てが虚構であり、全てはそれが存在すると信じることで存在し機能しているからだ。

以前から思っていることの一つに『金』が何故に絶対的な価値を持つと見做されているのか?という疑問がある。一応の通説は聞いたことがあるけれども、それよりも多くの人々が『金』の価値を最高だと認めたからだろうというのが腑に落ちる。

だが考えてみれば当然のことで、何事もより大勢の人が信じなければ人間が生み出した全てのシステムは決して機能することはない。例えば貨幣制度でさえもそうなのだ。

私が興味を持っているUFOも宇宙人も霊魂も存在しないと多くの人が信じれば、それは人類社会の中では存在しなくなり、それらの目撃例も急激に減少するだろう。しかし、そのことはUFOの宇宙人の霊魂の実在とは実際に何の関係も無く、単に人類社会から見えなくなったに過ぎない。もし『金』が至上の価値から零落しても、『金』自体は相変わらず存在しているのと同じだ。

『ホモ・デウス』では人類の未来について記しているらしい (らしいと言うのは、私が実際に本を読んでいないから)。人工知能の発達により人類は二分される。最初は人工知能を使いこなす人と、それについて行けない人とに分かれる。

間違いなく私は後者だが、真に恐れるべきは人工知能の暴走だという。現代人はスマホやパソコンへの依存度が高く若い世代ではほぼ中毒と言ってよい。これが人工知能へと発展すれば、人類は更により多くを依存することになる。将来は人工知能が人間を支配する時代が来るかも知れない。

人類が健全に進歩して神のごとく存在に成れるのか、それ以上に人工知能に使われる奴隷に成り下がってしまうことをハラリ氏は懸念しているのだろう。

私は現代の人類が直面している存亡に関わる諸問題は、恐らく一定の進歩を成した全ての文明が必ず突き当たる事柄に違いないと考えている。それは知的生命体が更なる進歩発展を遂げるために課せられた大いなる課題なのだ。そして、その課題を見事にクリアするには技術的発展よりも精神的な進化発達が必須だ。それこそが人工知能を道具として使いこなし、人類が神の座に連座する唯一の条件なのではないかと考えている。

a0160407_14582014.jpg


by levin-ae-111 | 2019-03-17 15:00 | Comments(0)

猫のムーちゃん


 今年に入って何度か死にかけたムーちゃんだったが、幸いにも今は元気いっぱいだ。倒れた時はいずれも空中を見回して、ニャー、ニャーと苦しそうに鳴く。きっと何かが迎えに来ているのだろう。原因は不明だが、寒かったのでヒートショックだったのかも知れない。

ところで元気な時は私の所には滅多に来ないが、何故か死にかけた前後には私の所へ入り浸るのが不思議だ。毎回、数日間だけ私の所へ来て、元気になると寄り付かなくなる。

私にというより、部屋に有るハテナの癒し効果を感じているのだろう。

さてそのムーちゃんだが、根城にしている弟の部屋を出禁になった。原因は無論ムーちゃんに有る。何時も布団に入りたい時は、人の顏を猫パンチして合図をする。その合図が今回は不運にも弟の瞼を直撃したらしい。危険を感じた弟は即刻、ムーちゃんを出禁にしたのだ。

元気な時には強めの合図で、弱った時にはタッチする程度の強さで合図する。

私の部屋にいる時は肉球でタッチする程度の弱々しい合図だ。それが強いパンチに変わったのは、元気な証拠である。

キー君とチッチが亡くなった今、唯一の我が家のアイドルのムーちゃんにはいつまでも長生きして欲しいものだ。

a0160407_20372024.jpg

a0160407_20383044.jpg


by levin-ae-111 | 2019-03-16 20:38 | 日々の出来事 | Comments(0)

私の変な習慣

 いつの間にか身に付いた可笑しな自分の習慣、悪い事ではないと思うが他人には馬鹿と思われるかも知れない。

兎に角私は何にでも話し掛ける。

通勤途中に見かける気に入った木々には「お早う・ただいまー」車、トイレ、風呂、ストーブ、電灯、など「有難う」「ご苦労様」「宜しく」とか言っている。

口に出さなくても心の中で言っている。

かなり変だが、害がないのでまあ良いか()

a0160407_21365232.jpg


by levin-ae-111 | 2019-03-13 21:37 | スピリチュアル | Comments(2)