身の回りの出来事から、精神世界まで、何でもありのブログです。


by levin-ae-111
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


 去年か一昨年に見つけた映画だが、暫くはネット上で観られなくなっていた。昨日は偶然に見つけて、また鑑賞した。

戦隊ものなのでお約束の怪人や戦闘員が出てくる。対決する場所も定番の切り開かれた山の中で、とにかく全てが戦隊もののお約束どおりだ。

隊員は全員が女子で、名前に色が付いているからという理由で選ばれた。職業も境遇もバラバラの女子5人が、地球征服を企み宇宙から来る怪人たちを倒す重要な任務が課せられている。

メンバーが揃わないと必殺技が出せないが、女子たちは様々な理由によりなかなか全員が揃わない。まつエク、失恋、仕事etcで怪人との対決に来なかったり、遅刻したりする。

そんな中で真面目なリーダーのレッドは、一人で奮戦するが誰も来ないので怪人に頼んで仲間を呼びに行ったりする。

怪人たちも何だかんだと言いながら、何時間もメンバーが揃うのを待っていたりする。

ユルユルで馬鹿らしい内容だが、地球の平和か自分の生活か(*メンバーの内3人はバイト生活で闘いの為に抜けるとバイト代が貰えない。戦隊でも時給を要求するが却下された)で迷っていて、戦いに身が入らない。

頑張るレッドだが、大切な仕事のプレゼンで戦いに参加しなかったのを期に、自分の生活を優先させるようになった。

司令官からの連絡を無視し続けていたが、その間に仲間が必死に戦っていたのを知り現場に駆け付ける。とまあ、こんな感じで女子たちの葛藤も若干だがコミカルに描かれている。

キャストは桐谷美玲、有村架純、藤井美菜、山本美月、高畑充希という当時の若手女優たち。

司令官は佐藤二郎が演じている。これだけで、どんな感じの映画か想像ができるというものだが、馬鹿馬鹿しさもここまで来ると面白い。

以下ウィキペディアより

赤木 直子(あかぎ なおこ)/女子・レッド

豊島建設営業課に勤めるOL。美術館建設を夢見て働いている。真面目な性格のため、女子ーズではリーダーを担当している。

青田 美佳(あおた みか)/女子・ブルー

アパレルショップでアルバイトをしているギャル。怪人退治よりも美容を優先する気まぐれな性格をしている。レッドの不在時にはリーダー的な役回りをする。

黄川田 ゆり(きかわだ ゆり)/女子・イエロー

アルバイトを掛け持ちしているフリーター。女子ーズでは専らツッコミ役で、時折怪人にもツッコミを入れる。なお、女子ーズで唯一、変身するシーンがある。

緑山 かのこ(みどりやま かのこ)/女子・グリーン

アングラ劇団「カオスの彼方」の劇団員。本人は演技派のつもりでいるが、実際は大根役者のため良い役を貰えていない。

紺野 すみれ(こんの すみれ)/女子・ネイビー

紺野財閥の令嬢。多くの男性から言い寄られる美人だが、男性の好みは他の4人から引かれる程悪い。女子ーズで一番背が高い。

チャールズ

女子ーズをまとめる司令官。5人の言動に振り回されることが多いが、自身も適当な言動が多いため、あまり信頼されていない。

怪人

ワカメヌルン(ワカメ怪人)

エリンギモルグ(エリンギ怪人)

ジュンサイドルド(ジュンサイ怪人)

カメムシゲルゲ(カメムシ怪人)

キツツキツツキー(キツツキ怪人)

スネークネルネ(スネーク怪人)

メタルゴードン(金属怪人)

モチザザザ(お正月怪人)

キャスト[編集]


[PR]
by levin-ae-111 | 2018-09-30 17:34 | 日々の出来事 | Comments(0)

水木しげるさんの映画

 大東亜戦争当時、陸軍の兵卒だった水木しげるさんの映画です。悲惨な戦場に在りながら、更に悲惨な兵卒たちの実態を描いています。

平生から何かと因縁をつけて殴られ、蹴られ、それでも抵抗は赦されない旧陸軍の実態を描いています。

ジャングルで敵に追い詰められた水木さんの部隊は、遂に『玉砕』を決意します。そして万歳突撃を敢行しますが、混乱の中で80名近くが生き残ります。そして司令部に命からがら帰還した兵たちを待ち受けていたのは更に過酷な運命でした。

司令部では既に水木さんたちの部隊が『玉砕』したとの報告を方面軍司令部へ上げていました。生存者が居ては面子が立たないとの理由から、生き残った数名の将校を自決させ、生かした将校は兵卒たちを率いさせて再び万歳突撃に出して全滅させます。

それが『玉砕』と報告した司令部の面子のために成された事でした。実際にこの様な事は有り、『玉砕』でなくとも都合の悪い事柄に関わった将兵たちを必死の戦場に追いやって死亡させる意図で突撃させた例は幾つも有った様です。

当時の陸軍の序列では将校、馬、兵卒と言われた位に兵卒は軽んじられていたのです。

しかし時には反対に上官を殺す場合もありました。閉鎖された南の島などでは極限状態の中でも横暴に振舞う上官を、思い余って殺害した場合もありました。

戦争とは各も狂気に満ちた出来事であったのです。

映画の中では生き残りの兵士たちの処分を一任された参謀は、「報告の義務がある」と言い訳して、結局は水木さんたちだけを突入させます。そして突撃した将兵は全滅するのです。

本当に悲惨な出来事ですが、映画では鬼太郎やネズミ男を登場させたり、蝶になって現れる戦友たちの霊を登場させて少しだけマイルドに仕上げています。

今年も巡って来た終戦記念日ですが、戦争の犠牲者の方々に少しでも想いを致し、改めてご冥福をお祈りしたいと思います。

ゲゲゲの鬼太郎映画2 ユーチューブで観られます。



[PR]
by levin-ae-111 | 2017-08-14 23:31 | Comments(2)